ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【出演バンドの声】75-5 SuperDry


 こんにいてゃ、おとバン蔵です!!

おとバン75の出演者インタビューも今日が最終回!!


最後は、本家に迫る勢いのSuperDryさんをGKBのギタープリンス貴族さんがインタビューしてくれました!!




****************************************
Hello!! プリンスです。


それでは『おとバン75』5組目「SuperDry」さんの
ライブ終了後のインタビューをお送りします。


「SuperDry」のみなさんお疲れ様でした!貫禄のステージでした!!



Q.ライブを終えた直後の今の気持ちをお願いします。


G:たつやさん
1年ぶりってのもあって、思った以上にグービーグーバーズがうまくなってた!(爆)
あとはまあこんな感じでしょう。


B:よねさん
踊り担当です。暑かったっすねー
桜も咲いたし、いい陽気の中でできたんじゃないでしょうか。


G:ひさかたさん
いつも気持ちよくやることが目標なので、今日も気持ちよくやることができてとても楽しかったです。


Vo:Tokiさん
気負いしすぎていろんなことがありました…

けど、お客さんがいっぱい来てくれて本当に感謝です。
そして、知らない人からもたくさんほめていただき、これからの活力として・・・なんか硬いなぁ・・・
でもみんなに声かけてもらえるってのは本当にありがたいなーって思います。


プリンス:
おとバン女性陣あこがれのヴォーカリストですからね。


Vo:Tokiさん
いやいやいや…
このメンバーで相当鍛えられたので、メンバーにも感謝しています。


Pf/Cho:くにこさん
1年前にここでこのSuperDryを客席から見せてもらって、クリスマスのライブから誘ってもらって参加したんですけど、本当に凄いバンドに入れてもらえたなと思います。
とても鍛えられてありがたいです。

今日の収穫は、カウベルをほめられたことですね。
自分の新しい可能性を見つけたみたいな…
(一同笑い:でも本当にカウベルの音がカッコよかったんですよ)

楽しかったです。


Dr:たかさん
あのー、業務用冷蔵庫は大和冷機工業がいいと思うんですよ。
ドラムはもっともっと精進いたします。
ヨロシクシナチク!


プリンス:・・・・・・・・・(相当できあがっていらっしゃるようです)


Q.これだけの腕利きが集まっているSuperDryですが、リハはどのようにやっているんでしょうか?


Dr:たかさん
あのー、アサヒビールさんから何かタイアップとかこないでしょうかね?


プリンス:・・・・あのーリハについて・・・・


Dr:たかさん
リハは、プロデューサーであるギターの石川さんがとても厳しくて、ぴぴっと引き締まるリハでございまして…

みんながピリッとして、そんで休憩の多いバンドですな。
みんなそれぞれが自分のパートに責任を持ってやっているんでプロデューサーとしてもまとめやすいんではないかと、
鼻も高いではないかと、プロデューサーに恥をかかせてはいけないと、その一心でみんな取り組んでおりますので…

(突然高らかに)プロデューサーといえば?


一同:親も同然!!

Vo:Tokiさん
なんだそれ・・・


Q.みなさんいい楽器使ってますよね!
持っている楽器の中で時価総額が一番高いのはどのくらいですか?


Vo:Tokiさん
それ私の前で聞くか?
(Tokiさんのご主人はもはやギターコレクターのたつやさん…)


G:たつやさん
(隠れながら)えーと、レスポールの59リイシューかな。
81年のだから、もうミディアムビンテージみたいな扱いになってて・・・
他そんなたいしたもの持ってないですよ。


プリンス:
今までかなりの本数の名器をお見かけしたような気がするんですが…
(奥さんの手前)そういうことにしておきましょう。


B:よねさん
今日使ったのは20~30万、持ってるのは高くて40万くらいかな。
個々であまり高いのはないけど、全部合わせると自分でもおーっと思うくらいになるね。

G:ひさかたさん
なんだろうな・・・30'sアニバーサリーのゴールドトップレスポールかな。


G:たつやさん
30'sアニバーサリーって82~3年くらいだよね?
(ここからしばしマニアックなギター談義が続く)



プリンス:
な、なにはともあれ、みなさんギターを大事に長く使っているんですね。
で、いろいろいっぱい持っていらっしゃると。
そういえばドラムのたかさんは、ものすごい数のシンバルをセットしていましたよね?


Dr:たかさん
安いシンバルばっかりですよ。
高いシンバルとかスネアは好きじゃないので。
今使っているスネアはオールドのSAKAEなんですけど、それはネットで落として5000円でした。
それを自分でフルチューンして使ってるんで…値段ではないですね。
ドラムは値段じゃないんですよ。


G:ひさかたさん
値段じゃないんだけど、俺は今日痛感したのは、エピフォンのエクスプローラーとフェンダーのストラトの音の出方の違いをものすごく感じた。
これはもうフェンダー、ギブソンじゃなきゃダメかななんて思っちゃったけど。


Dr:たかさん
タイコはね、やっぱりチューニングとヘッドの組合せで決まってくるんで、材がなんであれ、チューニングをうまくすれば鳴ってくるんですよ。センスですね!



プリンス:
たしかにどの楽器もメーカー、値段にかかわらず、セッティング・チューニング・メンテナンスが音を決めますね。


Q.ではこれだけ注目されているバンドなので、今後の抱負を


G:たつやさん
結局リーダーTOKIがやるぞっていえば始まるので、
今後についてはTOKIがなんて言うかなってところですね。
TOKI次第です、このバンドは。


プリンス:
そういう意味でもカリスマですね。
TIOKIさんはいかがですか?


Vo:Tokiさん
今後の活動はですね・・・よくわかりません。
こんな私にみんなが付き合ってくれるかどうかは・・・


一同:TOKIがやるぞ!って言ってくれればみんなやるよ!!


Vo:Tokiさん
このバンドで鍛えられて、最近いろんな人に声が出るようになったって
ほめられるようになったんで、やめたくないですね。
このメンバーは大好きなんで、ずっとやっていきたいと思います。



SuperDryのみなさん、ありがとうございました!!




いやー、今日もいい音を聴かせていただきました。
この余裕、この安心感、そしてこの思わず身体が動いちゃう感、
これぞオトナバンドの魅力ですね。

次はいつですかね?
TOKIさん、早くやる気になってください。



スポンサーサイト

| 出演バンドの声 | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【出演バンドの声】75-4 グービーグーバーズ


 こんにちは、おとバン蔵です!!

いよいよおとバン75出演者インタビューも佳境です。

今回は時間オーバーし、長谷川代表にこっぴどく怒られたグービーグーバーズです!!


************************************************

こんにちは( ^∀^)おとバンスタッフのメグミです。

木々の新芽がなんか爽やかですね!
いいなー。黄緑ってフレッシュな色だなー♪♪

爽やかな季節にピッタリの方々を紹介し・・・・・たいのですが
どちらかといえば濃厚で味のあるこのバンドの出演インタビューに挑戦しました(笑)


3月23日に開催しましたおとバン75に出演いただきましたグービーグーバーズの皆さんですっ!


メグミ:あれっ・・・銀狼さん、ちょっとお疲れな顔してますね?ライブで完全燃焼だったんですか?


銀狼さん(V):いや、ちょっと、覚えてない・・・思い出せないんですよね。


メグミ:(・A ・)へ?

ウンソヨ(謎の中国人):ワタシ、降霊、シタカラネ。カレ、ワカラナイアルヨ。


メグミ:「ナイ・アル」ってどっち・・?

そそ。今回は、ウンソヨさんの降霊術で忌野清志郎さんに登場いただいたんですものね。清志郎さんステージに、すっかり私たちも引き込まれちゃいました。


JM(謎のMC):今回のライブはパンクスが入って調和が生まれましたねー。

メグミ:ええ。そうですねー・・って、あなたほとんど出演してないのに脈絡なくしかもそんな上から発言・・(笑)


ベイビーパンクス001(B):楽しかったねー。みんないい子だよ。

メグミ:すごいなー。まだ質問してないのにみんな前出る前出る・・
    あ、出れない人たちもいるんだった♪
    カーニーちゃん、まんじろちゃん、いっこくちゃんは今回のライブはどうでしたか?


カーニー(Key):緊張しました。求められている音を出せてなくて、まだがんばらないと・・

メグミ:そんなことない!すごいがんばってますよー!!


まんじろう(G):ゲストが豪華で負けない気持ちでやりました。全て出し切った感があります。

メグミ:あー!そういうの聴きたかった!!やっぱこの3人は落ち着くなぁ(*゜ー゜)

いっこく(D):ドラマーとしては、ベースのベイビーさん加入で気合いが入りました。リハで酸欠です(笑)


メグミ:へー。やっぱりリズム隊のコンビネーションでですね。
    こっちから見ててもノリが違うのがわかりましたよー♪
    ちなみに今回のために練習はどのくらいしましたか?


カーニー:2ヶ月くらいで、4回ですね。

メグミ:毎回降霊術ってわけにもいかないですもんね。練習もお疲れ様でした。


ウンソヨ:ワタシ、段取リ間違エタカラ少シ悔シー。・゜・(ノ∀`)・゜・。チュゴク、ニポンに負けナイ


メグミ:振ってないのにウンソヨさんに戻ってきちゃった・・(どーしよっかなちょっと面倒だな・・・)

    あ!!今日はグビグバ初代ボーカルのボブさんが観にいらしてたんですよね!!!!

    ボブさん、今日のグビグバ、どーでした???





ボブ:    はっきりいって・・・





       ●っちゃいまし


メグミ:はいボブさんありがとーございます!!!!!!!

    グビグバの皆さんもね、次のステージも楽しみですねー♪
    はい、とっとと写真撮りましょ、写真写真。


130323おとバン75_出演者6



そういうわけで、賑やかなインタビューになりました。
途中、お見苦しい点がありましたら代わってお詫び申しあげます(# ゜Д゜)ノ

ちなみに超ロングなステージだったのですが、流石の一体感とこだわりぬいた練習の成果で
かっこいい清志郎ステージでした♪

終わってから、初めて観にいらしたお客さんから褒められたそうです。

こういう一言、嬉しいですよね!

グビグバ的には今回のステージは60点。まだ課題があるというストイックさを見せてくれます。
ただしその課題が楽曲なのか演出なのかは不明(笑)


インタビューの最後に「ご覧いただいた皆さんにお伝えすることは?」と聞くと、
一言、こう仰ってました。



『こんな大人になっちゃイケナイヨ・・』



以上、グービーグーバーズの出演インタビューでした(笑)

ありがとうございました!

| 出演バンドの声 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【出演バンドの声】75-3 美夏奈

 こんばんは、おとバン蔵です。

おとバン74のライブレポートが終了しましたので、今度はライブの感想を聞く「インタビュー」をお届けします!!


まずは、美夏奈をまたしてもプラスティック・ウエノ・バンドのボーカルウエノさんが下ネタたっぷりでお届けします!!



****************************************

ウエノ:
お疲れ様でした! とても楽しいライブでしたよ。さすが学生時代の仲間が、奥さんまで引き連れて結成したバンドは違いますね!

長谷川さん(Gt):
ええ、ありがとうございます。無事終わってホッとしています。

ウエノ:高校生のころ、全員で部活か何かでバンド組んでいたのですか。


井口さん(Dr):
いえ、必ずしもそうじゃないんです。
ぼくと、ベースのうっちゃんと、ギターのまことと、美夏奈の旦那のコースケは高校の音楽部でバンドをやっていたんです。

でも、ハセだけ、実は音楽部じゃなかったんです。

ウエノ:えっ!?


うっちゃん(Ba):
彼は、もともと水泳部だったんです。バンドとかやってたわけではなくてね。
でも、仲よかったんで、ハセが俺たちに憧れてギターを始めたんです。

長谷川さん:
言い方が気に食わんが、実際そうです・・・


井口さん:
だからね、ハセもいまはARCSHIP創設者として横浜・神奈川のミュージックシーンの重要な位置にいるのかもしれないけど、もともと俺たちの方が元祖ですからね(笑)。感謝してもらいたい!!


ウエノ:
ところで、長谷川さんは、水泳部でどんなパンツはいていたんでしょうか。

井口さん:
ちいさな競泳パンツはいていて、前がモッコリしていました(笑)

長谷川:
そう、どれだけ小さい水着をはくかがスイマーにとって命でしたから。

美夏奈&めぐみ:
・・・・・ドン引きだね・・・・
130323おとバン75_出演者3-1



ウエノ:
えぇ、では音楽の話にしますが、高校時代はどんな音楽やっていたんですか。


長谷川:
ベースのうっちゃんと、マネージャーのコースケは、BOOWYから始まり、ユニコーン・レピッシュ、オリジナル曲もやってたね。このバンドとは別に、うっちゃんは、ドラムの井口とゲストで今日出演したギターのまことと、法政女子のボーカルえっちゃんとハードロックというか、変拍子の変態的な曲をかやっていましたね。


ウエノ:
今回はいつぐらいから練習をはじめたのでしょうか。

美夏奈さん:
今年に1月ぐらいからだったでしょうか。昨年11月、今年1月とおとバンに出させて頂いたので、その続きで自然とやっている感じです。


ウエノ:
今日の演奏曲は、ものすごい有名というよりは、いささかマニアックな曲だったと思いました。曲はどなたが選んでいるのでしょうか。

長谷川:
リズム隊がとてもタイトなので、バンド全体に合いそうな曲で、なおかつ美夏奈が唄ったら合いそうな曲という視点で選びました。まだ美夏奈はボーカルを始めたばかりなので、どんな曲が合うのかが本人も含めて分からないので、いろいろと模索してます。
最後は、美夏奈が一番歌いたいという曲を選ぶようにしてましたね。


うっちゃん:
どんな曲でもね、昔からの友達なので、やっぱり初めてでもノリよくできます。


井口:
そして、やっぱり友達が連れてきた奥さんが歌って、キーボード弾いていますからね。
そりゃ、頑張ってやっちゃいますよ。


ウエノ:
メグミさんもハモンドをガンガンに弾いていましたねえ。

メグミ(Key):
やっぱり、旦那さんの昔からの仲間とその奥さんとなると、とても安心して弾けます。

ウエノ:
ただね、長谷川さんね。昔からの友人の奥さんが歌いたいっていうことで、バンドをまた参集したわけじゃないですか。
しかし、仮にその友人の奥さんと会ってみたら、ぶさいくで、おまけに歌が下手だったとしたら、やっていますか?


長谷川さん:
・・・・・やっていない(笑)
っていうか、そんな質問してどうするんですか・・・


井口さん:
コースケにしろ、ハセにしろ、きれいで歌のうまい奥さんを見つけてくれてよかったよ(笑)。

ウエノ:
今回、最後の曲で、ベースが出なくなるというアクシデントがありましたが、その対処がお見事でびっくりしました。


うっちゃん:
いやいや、俺、ものすごく焦っていたよ。


長谷川さん:
俺もとてもびっくりしたよ。やばいと思ったけど、ベースを観ちゃうとトラブルが分かっちゃうから、出来るだけ前見てた。それにしても、何で最後の最後にライブってああいうことが起こるのかねえ。


メグミさん:
美夏奈ちゃんは気づいていたの?

美夏奈さん:
歌に一生懸命だったのですが、途中で、あれっ、何か音が足りないとわかりました。


ウエノ:
でも、全員何食わぬ顔で、ニコニコして弾いていたから、全然わかりませんでした。
お客さんの気づかなかった方が多いのでは?

長谷川さん:
そうですねえ。でも、美夏奈ってバンドは、終わって演奏の映像見ると、「バンドとしては良い感じだね!!後は、個々人がそれぞれこうやっていこう」と反省していくバンドなんですよ。

井口さん:
ホントそういう感じだなあ。

長谷川さん:
そういうところが、うちのバンドの良いところだな。
後、笑いのツボが一緒なところが良いんだよね。ここが合っているから、バンドも楽しいんだと思うな。俺たちにしか笑えない事多いからね〜〜


ウエノ:
次回はいつステージをみせてくれるでしょうか。

美夏奈:
そうですねえ、7月のおとバン12周年記念に出て、またその後秋ごろ出ようと思います!

ウエノ:
それでは、最後に恒例の今日のMVPを決めてもらいましょう!!せーの!!

130323おとバン75_出演者3-3


ウエノ:
ありがとうございました!

| 出演バンドの声 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【出演バンドの声】75-2 more e

こんにちは、おとバン蔵です!!

ライブ直後の感想を語ってもらう「出演者インタビュー」の時間がやってまいりました。


今日は、アークシップスタッフのムーディ五十嵐が、more eさんのインタビューを行いました!!


************************************************

五十嵐:ライブお疲れ様でした!!more eさんは、おとバンの中ではかなり若い世代になるんですよね。パワフルでした。今日のライブの感想を聞かせてください!!


かも:前回より練習量が少なかったので、個人的には納得できなかったけど楽しかった。
   まだまだ曲を自分のものにできていないので、次はその当たりを意識したいです。

さく:次回はヘッドを買い換えて、もっと練習してうまくなりたいです。

まえ:ボーカルをもっと活かせるようにしたいけど、バンドサウンドとしては良かったです。



五十嵐:みなさんストイックですね〜
とっても音的にまとまっているように思うのですが、秘訣はどんなところにあるんですか?



さく:同級生で組んだバンドなのでみんな仲が良く、言いたいことを言い合えるところですかね。



五十嵐:おとバンに出演するに当たり、どのくらい練習しましたか?
  

かも:全員揃ってのリハは、今日含めて2回でした…
   6人の日程調整は大変でしたね。


五十嵐:なるほど。社会人なると集まるのがたいへんですからね。今日のライブの出来は,100点満点中、何点?


もつ:50点。個人的にはもっともっと良くできると思います。
はま:70点かな。やっぱり練習不足でした。


五十嵐:次回出演するとしたらどんな事にトライしてみたいですか?



まえ:ギターとボーカルのデュオとか、バンドサウンド以外もやってみたいです。

メグ:衣装を揃えたい。

かも:今回は高音の曲が多かったけど、次は低音の魅力を発揮できるような選曲をしたいです。



五十嵐:それでは、恒例となっています、今日の「more e」さんのメンバーの中でのMVPは、誰でしょうか?

130323おとバン75_出演者4-2



五十嵐:ありがとうございました!!インタビューしていてもメンバーの仲の良さが伝わってきて、自分もまた昔のメンバーとまたバンド組みたくなりました。


more e のみなさん、ありがとうございました!!


| 出演バンドの声 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】75-5 Super Dry

こんばんは、おとバン蔵です!!

おとバン75のライブレポートも今日が最終回!!


今日はトリをかざってくれたSuperDryのライブの模様をGKBのギターリストプリンス貴族がお届けします!!


******************************************************
Helo JAPAN!!

DSCN6138.jpg


GALACTIC KEN BANDのプリンスでございます。



またまた愛するおとバンのためツアー中のモスクワより新横浜に帰って参りました。
今回は私も大好きなニッポンのアーティストのカバーをするバンドを観に来たんです。




ちょうど12ヶ月ぶり、2回目の登場Superflyの完璧なカバーを聞かせてくれる「SuperDry」(スパードライ)さんのライブの模様をレポートします。




いやー、相変わらずうまいっ!!

あまりにうまくて気持ちよくなってきます。
全然チケットのとれないSuperflyのコンサートに行かなくてもたぶんこちらで大満足できます。


130323おとバン75_出演者1



いかにも玄人なSEから始まるのは早くもSuperflyのニューアルバムから1曲目「919」


ノリノリのナンバーです。


いきなり分厚いサウンドが繰り広げられます。
とにかくアンサンブルがまとまっているので音が塊でぶつかってくるんですよ。


なんていうのかな…
個々の楽器の音でなくて、SuperDryのサウンドとしてひとかたまりになってガツンとくるんですよ。


そんなスーパーなメンバーを紹介しておきましょう。

Vo:Tokiさん
130323おとバン75_出演者1-3


重厚な楽器陣に負けない声の持ち主。
この突き抜け感、存在感、
おとバン女性メンバーが皆あこがれる素敵なヴォーカリストです。


G:たつやさん

うまいっすね。

とてもきれいなギタープレイですね。
音色がいいです。さすが音響のプロ。

楽器・機材の音作りを知り尽くしています。
たくさんの名器コレクターですが、この日はファイアーバード1本で勝負。

130323おとバン75_出演者1-5



G:ひさかたさん
この方もうまいっ!
ホント楽しそうにいい顔で弾いていらっしゃるんですよ。
たつやさんとのユニゾンやツインリードが多いんですけど、とても息が合っていますね。



Key:まさひこさん

音色がはまっています。
ビール片手にロックオルガンをグリグリ奏でます。


Pf/Cho:くにこさん

前回より新たに加わった強力メンバーしっとりとしたピアノからタンバリン、カウベルと多彩にこなし、きれいなコーラスハーモニーで華を添えます。
130323おとバン75_出演者1-4



B:よねさん
130323おとバン75_出演者1-6


見るからに存在感のあるベースを弾かれます。
こんなドライブしたベースは、他にベイビーパンクスしか聞いたことがありません。

Dr:たかさん
スパードライ追加1


気持ちのいいうねりをつくりますね。

とにかく音がデカイ!
こんな音のデカイドラムは他にローズ…ま、いいか。
メリハリのあるドラムで曲がとても盛り上がります。


以上、(じつは)プロだったり、ほぼそのクラスのプレーヤーさんたちです。




2曲目 「愛をくらえ」
これまたニューアルバムからの選曲。


Tokiさん、会場のヤジにも負けずMCがんばります。



3曲目「Deep-sea Fish Orchestra」

ツェッペリンのカシミールを彷彿とさせる味のある曲。
テーマユニゾンのキーボードの音がいいですね。



4曲目「Force」

またまたニューアルバムのタイトル曲。
この曲のカバーがさっそく聞けるなんて…
しかも完璧です。本物聞く必要ないです。
○○さんのカウベル良かったですね。



5曲目「Nitty Gritty」
結局ニューアルバムから4曲ですか…
アップテンポの気持ちのいい曲です。



お酒の好きな楽しいお仲間(お客さん)が多いんですね。
相変わらずヤジが多いです。Tokiさん大人気です。


最後の6曲目「My Best Of My Life」

ピアノからしっとりと始まる名曲ですね。
Tokiさんが切々と歌い上げ、お客さんもどんどん引き込まれていきます。
後半にいくにしたがって盛り上がってどんどん深くなっていきます。
最後はTokiさんの力一杯の叫びで終了。

スパードライ追加2



もう会場全体が音で納得です。大満足です。

とてもダイナミクス感がある演奏でした。
静と動の使い分けがうまいですね。

曲中もブレイクで止まったときがきれい。

とにかく安定した中に心地よいうねりが起こるこのグルーブ感!
ゆとりのある本当の大人のステージでした。



次はいつでてくれるのでしょうか?
いつまでもずっと聞いていたい素晴らしい演奏でした。


| ライブレポート | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【出演バンドの声】75-1 アナザーホリデー

 こんにちは、おとバン蔵です!!!

おとバン出演後のホットな気持ちをホットに伝える「出演者インタビュー」です!!


今日は、アナザーホリデーをめぐみさんがインタビューしてくれました!!



****************************************
こんにちは( ^∀^)

おとバンスタッフのメグミです。
春の嵐が吹き荒れた後の快晴は気持ちいいですね!
ランチで外出たら会社に戻りたくなくなりまーす(笑)


ではでは、3月23日に開催しましたおとバン75に出演いただきましたAnotherHoliday(アナザーホリデー)さんに
出演後のお話を伺ってみましたのでお届けします☆



メグミ:ライブお疲れ様でしたー(*゜ー゜) 皆さん、一体感があって楽しめました♪
沢山練習なさったんじゃないですか?

戸川さん(D):今回は、1月から月に2回くらい入ったかなー・・

メグミ:へー。ということは6回くらい、かな。すごいまとまりがあったし雰囲気がありましたよねー。ちなみに皆さん、今回のライブをやってみて一言!いかがでしたか?


戸川さん:メグに会えて嬉しかったよ(マジ顔)

メグミ:あー。そーゆーことじゃなくて(笑) ※この方、いっつもこういうテンションです( ; ゜Д゜)


戸川さん:ライブねー♪気持ちよかったよー♪

メグミ:そうそう。そっちが聴きたかったんです(# ゜Д゜)ノ


ムラマツさん(G):いつも同様に楽しかった!

オオタさん(B):ライブは老眼鏡がいるな

メグミ:え・・・っええ(;・∀・)要りますね。案外手元暗いし。

    そっ・・そーいえば、キーボードの方は初ライブでしたよね!!!!?

    初ステージはどーでした?( ^∀^)


コバヤシさん:緊張したけど楽しかったデス☆


メグミ:ぜんぜん緊張してるように見えなかったですよー!良かったですね!!
残念ながらボーカルのメイドさんはおうちが遠いので会場を出てしまったのですが、今日のライブの出来は100点満点中だと何点?


戸川さん:70点くらいかな。

メグミ:満足はしてるけど課題もまだありってとこですかね。リベンジお待ちしてますね♪


戸川さん:(営業)上手いねー(笑)


メグミ:えへへ(ノ´∀`*)ところで、今日出演で、他に気になったバンドさんはいらっしゃいましたか?


戸川さん:グービーグーバーズ。長かったけど、構成をすごい練ってたよねー。バンドはああじゃなくっちゃって思うよ。



メグミ:なるほど。戸川さんもサービス精神旺盛ですもんね!次回に期待ですね♪♪♪ありがとうございました。

    それじゃ、今日のMVPを決めましょう!!

130323おとバン75_出演者5-1



ありがとうございました〜〜〜

| 出演バンドの声 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】75-4 グービーグーバーズ

 こんにちは、おとバン蔵です!!

ライブレポートの時間がやって参りました!!


今日はグービーグーバーズのライブの様子をオレンジサマンサのボーカル和田あゆみさんがレポートします!!

 

*********************************************
こんにちは~
オレンジサマンサのボーカルわだあゆみです。

130223おとバン_出演者4-1



桜がすでに満開になってしまった今年の春。

3月23日に開催された「おとバン75」も、テンション高く進行していきます。
そして、いよいよ4組目「グービーグーバーズ」の登場!


その模様をレポートします。



・・・と言ってもです、なんなんでしょう?
このバンド!


「グービーグーバーズです、どうぞ~」と紹介されて現れたのは、黒メガネの男。
そして特別ゲスト・ウンソヨなる謎の人物。

彼が言うには、今日は新春特別興業として降霊術で、ある人物をここに呼ぶ・・とのこと。

130323おとバン75_出演者6-1


お客さんたちは、これはコント?笑った方がいいの?・・とちょっと戸惑いつつも
この不思議な空間に引きずり込まれていったのでした。


降霊によってステージに呼ばれたのは「きよしろう」。
そう、グービーグーバーズは、こよなく忌野清志郎を愛するバンドだったのです!

130323おとバン75_出演者2-3



その後、清志郎ナンバーを立て続けに演奏・・・ならよかったのですが、
もう合間合間に小ネタが満載で、ついていくのがやっとだよ~

すごいですよ~
本人たちはクスリとも笑わない、微妙な間と沸点一歩手前のもどかしさの演出・・

130323おとバン75_出演者2-4


これは練り上げられたワザなのか、天才の術なのか・・

ボーカル・きよしろうを支えるのは、
Dr. いっこくたいし、G 半次郎、Key カーニー、べースはスペシャルサポート・ベイビーパンクス(from ダナハーレーバンド)。
さらに途中には、妄想ギタリスト・ロビンソンSGも加わり、完全にアナーキー状態。

130323おとバン75_出演者2



5曲目のラブソングで、これがラストかと思いきや、
「終わったと思わせて、まだやるグビグバ」宣言。

130323おとバン75_出演者2-2


おもむろに始まる「おおラジオ」の熱唱!

・・で終わりかと思いきや、
なんと「千の風になって」をアカペラでフルコーラス!



はい、これでやっと終了でした。


どうもグビグバは前回、持ち時間を相当オーバーして、演奏後に叱られたらしいんですけど・・・

今回は大丈夫だったんでしょうかね~
次回の出演は許可されるんでしょうか?



私の拙いレポートでは、彼らのステージをお伝えしきることは無理です!

もし、グビグバにまたおとバン出演が許された日には、ぜひ皆さん、実物を見に来てください。


そして、私に、どうすればあのステージをリアルに表現できるのかを教えてください!

| ライブレポート | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】75-3 美夏奈

 こんばんは、おとバン蔵です!!

美夏奈のライブレポートをウエノさんが書いてくれましたが、
演奏の様子を伝える前段階でかなり長い文章だったため、2回に分けてお送りします!!


前回読んでくれたかなぁ・・・

ライブの様子だけを知りたければ、この記事だけで大丈夫ですが、プロローグも面白いですよ〜〜


**********************************************************************

今回のステージは、男も女も、全員白い開襟シャツで登場。春らしさを感じさせるエレカシ宮本的衣装です。

130323おとバン75_出演者3




1曲目はボニーピンクの『scarecrow』です。

ボニーピンクって、もちろん私も大好きなのですが、透明感とともに色気も持って歌わなければいけないので、大変だと思います。

でもそのような課題を端から楽しげにクリアしています。

美夏奈追加4




2曲目は木村カエラの『ハピネス』です。1

曲目のボニーピンクと全く違う感じの曲ですが、美夏奈さんは自分のものにして歌っています。

おそらく、自分で歌いたいという気持ちのもとでは、どの曲も美夏奈さんにとって同じ意味を持っているのだと思います。

美夏奈追加8




3曲目は再びボニーピンクで『orange』です。

不朽の名曲。

ゆえに失敗すると大変なのですが、大変うまいです。
こんなうまいと思いませんでした。

メンバーのみなさんが、美夏奈さんの歌いたい気持ちを理解して、それに一丸となって走り出しているのがよくわかります。

このバンドは、美夏奈さんの歌がうまいとか、バックの方々の演奏がうまいといったということでなく、バンド全体で歌を作り上げていくということを第一義にしているということが、こういった曲で、明確にわかります。
美夏奈追加6




4曲目はスピッツの『メモリーズカスタム』です。

私、恥ずかしながらこの曲を知らなかったのですが、スピッツっていいですなあ。
一度俺も演ってみようかな。

これも曲調としては全くのロックで、普通は女性が最初から歌ってみようとは思わないのでしょうが、全く違和感なく歌っています。



そして、5曲目はミスチルの『NOT FOUND』です。

ごくごく幸せな主婦の歌心を呼び覚ましてしまった罪深きミスチルよ。
しかしこれだけ歌う歓びを人々に分ち合ってしまうミスチルはやはりすごい。


ミスチルは当たり前ですが女性にも人気あり、よくカラオケ(会社とかで行くカラオケ)などでも女性が歌っているのを耳にします。

しかし、美夏奈さんの歌うミスチルは根本的に違う。

普通に耳にする女性の歌うミスチルは、やはり女性の歌う桜井和寿だとも思います。

しかし、美夏奈さんの歌うミスチルは、桜井和寿が、少し女性っぽい声で歌っているという感じなのです。
この微妙なニュアンスを、このレポートを読んでくださっているみなさまはわかって頂けますでしょうか。

美夏奈追加1



やはり、この微妙なニュアンスこそが、歌を歌うことなのだと、私は思います



そして最後の曲は、福耳の『DANCE BABY DANCE』です。

GALACTIC KEN BANDからダークエマニュエルさんがコーラス参加(ロドリゲスKENさんも乱入予定だったらしいですが、腹痛のためお休みだったそうです。お大事に)。 

130323おとバン75_出演者3-6


そしてギターでもう一人斉藤さんという方も乱入です。

130323おとバン75_出演者3-7


斉藤さんも高校時代のバンド仲間だったそうです(ちなみに、斉藤さんは私の家と近く、この日帰りに深夜3:00過ぎまで一緒に飲んでしまいました・・・)。



最後の曲も華やかにキメます! 

130323おとバン75_出演者3-5


メグミさんが新しく手に入れたハモンドオルガンがうなる! 

美夏奈追加7



おまけにコーラスもかっこいい! 
そして長谷川さんが奥さんに隠れて(笑)購入したゴールドトップもうなる! 

130323おとバン75_出演者3-8


ドラムもバリバリだ!
美夏奈追加3



しかし、ここでアクシデントが。ベースの音が出なくなってしまったのです。

130323おとバン75_出演者3-9


しかし、メンバー全員そのようなことは微塵も感じさせず演奏を続けています。
ベースのうっちゃんもニコニコしながら冷静に対処していました。

私、観ていて、こういうところがとてもすごいなあと思いました。普通のバンドであれば、演奏が止まったりします。あとでインタビューでお聞きしたら、メンバー全員、実は気が気ではなかったとのこと。

あと美夏奈さん自身も音が鳴っていないこと気づいていたとのことです(ボーカルの人は、意外にこういうことに気付かない人もいるものです)。


しかし、アクシデントをも楽しんで、ステージを作り上げていこうとする姿勢は勉強させられました。
お客さんも、気づかない人多かったのではないでしょうか。

音は最後まで回復しませんでしたが、華やかなうちにステージは終わりました。


こういうステージを観ることが出来て、私自身も、なぜ歌を歌うのかということを自問自答しながら、歌っていきたいと思いました。バンドをやる上で、一番大事なことは、歌いたいという気持ちだと思います。とても勉強になりました。


おとバンを通じて、何かのご縁でこうしてステージを拝見することが出来て、こうしてレポートを書けることは、とても幸せなことだと思います。


コースケさんは今度飲みに行きましょう(ぜひ今度は歌って)! 

美夏奈さんは今度一緒に『奇跡の地球』をうたいましょう! 

そして息子さんのタイセイくんにもよろしく!



| ライブレポート | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】75-3 美夏奈 プロローグ

 こんばんは、おとバン蔵です!!

おとバン75のライブレポートの時間がやって参りました!!


今日は美夏奈(ミカナ)の演奏の様子をプラスティック・ウエノ・バンドのボーカルウエノさんがレポートしてくれたのですが・・・・

チカラは入りあまりにも文章が長くなってしまったので、2回に分けてお送りします(笑)

*******************************************************

もうあれは昨年の2012年8月25日、燦燦と輝く太陽のうだる暑さの中、江の島の水着ギャル誘惑を振り切って、私は新横浜に居りました。

おとバンに出演し、プラスティック・ウエノ・バンドというバンドで歌っていたのです。

プラスティック・ウエノ・バンド1


男二人の編成でむさくるしくライブハウスに暑さが増殖され、これは果たして受けているのか、でもそれでも演(や)っている本人は楽しいという、不安と恍惚と二つ我にありました。


ステージからは、とても若いご夫婦とそのお子さんがいらっしゃり、笑っているように見え、途中安心したのを覚えています。




ステージが終わり、私は客席後方でビール片手に歌い終わった喉を潤していました。

すると、小さな子供がボールを落としてコロコロと私のところに転がってきました。
私が拾うと、若い旦那さんが「ああすみません」と駆け寄ってきました。
先ほどステージから見えたご夫婦の旦那さんでした。

と同時に、「あっ、さっき歌っていた人だ、面白かったですよ」と、言ってくれました。


その隣では、とてもきれいな奥さんが、会釈してくれ、とてもさわやかな笑顔でした。

確か麦わら帽子をかぶっていたかと思います。
少し雑談したところ、お二人はメグミさんのお友達で、『honey paradise』(メグミさんのやっている松田聖子ちゃんのカバーバンド)を観に来たとのこと。

私は、水着ギャルとの猥褻な夏の想い出を断って、ここで、こうしてきちんと歌うことが出来て、よかったと思いました。



そうして、次はこれもやはり昨年2012年だったのですが、11月23日の『TO HEARTS』を観におとバンに行きました。

そして初めて告白しますが、少し肌寒い色褪せた季節の中、知り合いの有閑マダムがためいきを持てあましており、横浜元町中華街で私を温めてという破廉恥な誘いが、実はありました。

しかし私はあしらって、新横浜の客席に居りました。
そんな日に観たTO HEARTSのステージはとてもよいものでした。


そして、その日、『美夏奈』というバンドが数曲歌っていました。

きれいな女性の方がとても上手に歌っていました。
ギターは長谷川さん、キーボードはメグミさんでした。

この女性の方はバンドが初めてだとのこと。
そして、長谷川さんとバンドメンバーが昔から知りあいだとのことでした。

私はこの日の打ち上げで長谷川さんに

「こんなきれいで歌のうまい人を連れ来ちゃったら、私なんぞは形無しで、おとバンで居場所がなくなってしまうと」と涙ながらに抗議したのを覚えています。


客席でとある男の人に声を掛けられました。

8月のおとバンで出逢った旦那さんでした。
「8月に歌っていた人でしたよね。こうやって他のバンドも観に来ているんですね」と言ってくれました。


客席の遠くの方に、奥さんとお子さんも見えました。
私は、マダムとくんずほぐれつ温め合うよりも、新横浜に来てよかったと思いました。



そして、次は年が改まり2013年となりました。

1月26日におとバンの新年会で私は東神奈川のロックバーにいました。
弾き語りでAKB48を歌うのです。

実はこの日、着物姿の新成人と女体盛りの会があったのですが、私はロックの方が大事だと断っていました。



私の出番の一つ前は、11月に観た『美夏奈』でした。

私は緊張して準備しながら聞いていました。
相変わらず歌がうまく、聴き惚れてしまいました。
しかし俺はこれに飲まれてはいいけないと、独りテンションを上げていました。

DSCN7249.jpg

『美夏奈』の歌が終わり、私のテンションもMax、よし行くぞと立ちあがったときです。
司会のヒロシさんが、「次はスペシャルゲストです」と言いました。

「いまの『美夏奈』さんの旦那さんに歌ってもらいます」と言いました。
私はコケてしまいました。


すると歌っていたのは、私が8月、11月と出逢った若い旦那さんでした。


そこで、数個の点がつながり一本の線となりました。


<『美夏奈』さんというのは、あの若夫婦の、きれいな奥さんだったのだ!!>



恥ずかしながら、客席とステージにいる時に感じが全く違って、全然気が付かなかったのです。

旦那さんはとても力強くうまく歌っていました。
10年ほどブランクがあったとのことですが、全然感じさせませんでした。


私は、一度上がったテンションが挫かれてしまったのですが、あれだけご夫婦のいい歌を見せてもらった後、次に私が気持ちよく歌えないわけがありません。

ご夫婦と比較できないほどド下手ながらも、心地よいお屠蘇気分の『会いたかった』を歌えました。

演奏終了後、客席でご夫婦とまたお話しまして、お子さんじゃれることができまいた。
着物ギャルとの女体盛りも捨てがたかったですが、私は新年早々ロックを選んでよかったと思いました。



そんなこんなで、3月23日に『美夏奈』が再度おとバンに出演するとのことになりました。
私はまた新横浜の客席にいました。
この日は特に私を取り巻く女との約束はなく、集中してライブを観ることが出来ました。


ボーカルは美夏奈さん、ギターは長谷川さん、ベースはうっちゃん、ドラムは井口さん、キーボードはメグミさんです。そして、客席には、マネージャーとしてニコニコしてビデオ撮影をする若い旦那さんであるコースケさんが!


聞いてみますと、バンドの男ども(コースケさん含む)が高校時代のバンド仲間とのことです。

卒業後は一緒にバンドをやってはいなかったとのことです。

しかし、美夏奈さんが、いつもお酒を飲みながらミスチルのライブDVDを観て、

「生まれ変わったらミュージシャンになりたい」




と言い続けていて、コースケさんが一肌脱ぎ「生まれ変わらなくてもバンドは出来るでしょ!!」と、10数年ぶりに参集をかけたとのことです。

そこに長谷川さんの奥さんのメグミさんも助っ人乱入というバンドなのです。


学生時代以来の仲間で楽しんでバンドやっていて、おまけに二組夫婦が入っていて、演奏も凄腕。
要は、サザンオールスターズに、山下達郎・竹内まりあ夫婦まで入って、一緒に何事かをやっているようなものです。



うらやましいなあ。全バンドマンの夢ですなあ。



*************************************


ライブレポートまでの序章が長かったので、今回はここまで・・・




| ライブレポート | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。