ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】95-3 D.O.D(Dainsleif of Dark)

 こんばんは、おとバン蔵です!

3/21(土)に開催した女性ボーカル限定の特別企画【おとバン95 ひなまつりスペシャル】のライブレポートをお届けします!

今日は、ダナーハーレーバンドのボーカルダナーハーレーが、おとバン女性ボーカルバンドの中で一番ハードなD.O.Dをレポートします!


******************************************
Ohイエー!!
ダナーハーレーだぜ!

3月21日に行われた!おとバン95
D.O.D(Dainsleif of Dark)をレポートするぜ!

DOD_1_2015033016235880d.jpg


ひなまつりスペシャルと言う事で女子ボーカルのみのエントリー!
なかなか粒ぞろいのバンドばかり

そんな中!今回で2回目のD.O.D!


前回、衝撃的なデビューをした!

演奏もさることながら、ボーカルのダークエマニエルは、大股開きでシャウト!
DOD_6_20150330162417822.jpg


カバーしてるのは、フィールソウバッド(FEEL SO BAD)!!


DOD_9.jpg


あまりなじみがないバンドだが、圧倒的なパワーで押しまくる!

そのライブの様子を映像でご覧下さい!!



ギターはリュージ
DOD_3_201503301624010d2.jpg


ベースはベイビーバンクス001
DOD_2_20150330162400428.jpg


ドラムはイッソ!!
DOD_5_20150330162404ab3.jpg


ボーカルはダークエマニエル!!
DOD_6_20150330162417822.jpg



しかし、本人たちはいたって真面目普通!
ドラムのイッソは毎日スタジオにこもり、練習!!


真面目か!


今回、ジャージーな曲も入れてきた!
隅に置けない奴らだぜ!

DOD_16.jpg



インタビューもしたゼ!


ダナー:今日の感想は?

ダーク:今日も楽しく出来ました。
DOD_10.jpg


リュージ:お客様が誰が来てるのか良く見えなくて!
DOD_7_201503301624194ce.jpg


イッソ:今回、練習しました!4回、毎日!
DOD_14.jpg


ベイビー:いい感じでボディーブローが決まった!
DOD_4_20150330162403c22.jpg


ダナー:ん?ダーク以外は良くわからん!真面目だが!


ダナー:今回のMVPは?


全員:イッソ!!


ダナー:今後の予定は?

全員:今後決めます!真面目なバンドです!

ダーク:ジャージーな曲も入れてみた!女をアビール!!
こんなんもできんだよーってね!

リュージ:2ヶ月に一回ライブやりたい!

イッソ:納期が!

ダナー:なんの話だ?

ベイビー:なんか酔っぱてきた!!



はい!ありがとうございました!

次のライブが楽しみダナー!!

DOD_17.jpg
スポンサーサイト

| ライブレポート | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン通信】おとバン95開催しました!!

こんにちは、おとバン蔵です!

2015年3月21日(土)新横浜ベルズにて
ノーバンド・ノーライブな社会人ミュージシャンのための
ライブイベント「おとバン」第95回を開催しました!!

今回はひなまつりスペシャルということで、女性ボーカル限定のステージでした!!
J-POPあり、ロックあり、アニソンあり、オリジナルあり、80年代アイドルありと、女性ボーカルと一言で言っても個性あふれるボーカリストが揃い大盛り上がりでした!

特に男性陣、テンション上がってましたね♪

最後に集合写真〜ハイ、ちーず☆
集合写真_1

| おとバン通信 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【平成26年度 年間スケジュール&応募状況】

 こんにちは、おとバン蔵です!!


平成26年度の開催スケジュール&応募状況を更新しましたのでお知らせします!!


ご応募並びにご来場お待ちしております!!


*出演並びに観覧をご希望の方は、下記をクリックして下さい!!
http://otobanlive.blog21.fc2.com/blog-category-1.html


【2015/3/22更新情報】
******************************************************************
・おとバン95 ひなまつりスペシャルを開催しました!これで、平成26年度のおとバンは全て開催しました。ご出演頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さん、ありがとうございました!

******************************************************************

●2014.4.20(日)おとバン86 春のおとバン祭り in 戸塚
**************************************************************
■募集締切日:2014.3.20
■会 場:戸塚駅東口ペデストリアンデッキ特設ステージ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■参加費:1名¥3,000
■チケット:観覧無料
■出演者:ダナー・ハーレー・バンド(8)、GALACTIC KEN BAND(14)、プラスティック・ウエノ・バンド(17)、ジャックの豆の木(3)、美夏奈(8)、グービーグーバーズ(13)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!


**************************************************************

●2014.5.17(土)おとバン87
**************************************************************

■募集締切日:2014.4.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:pmj(pink まりmomo jet)(初)、ジャックの豆の木(2)、グービーグーバーズ(14)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!


**************************************************************


●2014.6.21(土)おとバン88
**************************************************************

■募集締切日:2014.5.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:RIMAR(2)、GALACTIC KEN BAND(15)、Synergy(初)、Deadly Drive(初)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!

**************************************************************



●2014.7.5(土)おとバン89 13周年記念パーティ
**************************************************************

■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥3,000(飲み放題)


▼メンバーシャッフルの詳細はこちら
http://otobanlive.blog21.fc2.com/blog-entry-921.html

**************************************************************

●2014.8.23(土)おとバン90
**************************************************************

■募集締切日:2014.7.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:Anotherholiday(6)、フラトラ(14) 、美夏奈(8)、Peach(4)、グービーグーバーズ(16)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!

**************************************************************


●2014.11.30(日)おとバン91
**************************************************************

■募集締切日:2014.10.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:13時30分開場、14時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:CRONIN(初)、Blue Wind(初)、Banana Island Dreamer's(初)、GregoryStrikers(2)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!

**************************************************************

●2014.12.20(土)おとバン92
**************************************************************

■募集締切日:2014.11.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:グービーグーバーズ(17)、SUPER_SLEDGE(初)、D.O.D(Dainsleif of Dark)(初)、Fatal Ties(初)
*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!


**************************************************************

●2015.1.24(土)おとバン93
**************************************************************

■募集締切日:2014.12.20
■会 場:DINING & BAR J★Bacchus(ジェーバッカス)
■時 間:17時45分開場、18時開演
■チケット:\4,500(飲み放題、たっぷりな食事、機材使用料込みです)
*新年セッションのため、出演する人も観る人も全員同じ金額で参加するパーティ形式になります。

▼出演者はこちら
http://otobanlive.blog21.fc2.com/blog-entry-927.html

*終了しました!ご参加頂いた皆さんありがとうございました!
**************************************************************

●2015.2.21(土)おとバン94
**************************************************************

■募集締切日:2015.1.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:ダナーハーレーバンド(10)、ライジング(初)、Land a Band(初)、美夏奈(9)

*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!


**************************************************************

●2015.3.21(土)おとバン95 ひな祭りスペシャル
**************************************************************

■募集締切日:2015.2.20
■会 場:新横浜ベルズ
■時 間:16時30分開場、17時開演
■チケット:¥1,500(ドリンク代別¥500)
■出演者:はにぃパラダイス(3)、trAmp(初)、きゅらぴあ(初)、D.O.D(Dainsleif of Dark)(2)、ADULT(3)


*女性ボーカル限定での開催となります(バンドメンバーに男性が入っていても構いません!!ボーカルだけ女性であれば大丈夫です!!)
*終了しました!!
出演して頂いた皆さん、ご来場頂いた皆さんありがとうございました!!


**************************************************************

| おとバン年間スケジュール | 09:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-2 ライジング


こんばんは、おとバン蔵です!

今日はおとバン94のライブレポートの時間です!

今回は、GALACTIC KEN BANDのボーカルロドリゲスKENが、おとバン初出演の【ライジング】をレポートしてくれます!


*****************************************************

Hello!じゃぱ~ん!
最近スープバーの具をたくさん取るコツを習得したロドリゲス☆KENでーth!


今回はおとバン94の初出演のバンド「ライジング」のライブレポートとインタビューをお送りいたしますYO!
まずはメンバーをご紹介!

ボーカル サイトー
ライジング_2


ドラム ナマミズ
ライジング_7

キーボード ナンシー
ライジング_10


ギター フクイ
ライジング_6


ベース メイ・オー・モーリー
ライジング_5


実は「ライジング」とロドリゲスは鶴見のライブハウス「ラバーソウル」で行われている「ロドリゲスを弄ぶセッション会」で既に出会っていたのだ!
ハードロックの名曲の数々をカバー、更にオリジナル曲までキメてしまう注目のCoooolなバンドなのだ!

ライジング_1


そして改めて今回のセットリストを振り返ってみると、まさにハードロックの王道を爆進!芸風がロドリゲスと似てる!?

~セットリスト~
1. Separate Ways / Journey
2. Kill The King / Rainbow
3. Mr. Crowley / Ozzy Osbourne
4. Go To Hell ! (オリジナル曲) / Rising
5. The Final Countdown / Europe


自ら「1980年代ハードロック・メタルの残党」と称する彼らのステージ動画はこちらだ!




スバラシイ躍動感!小細工なしの真っ向勝負!なによりステージングを心から楽しんでいる!
ステージ上でここまで自然に表現できることって実はかなり難しいんだよね!決して狙って出来るモノではない。
ライジング_4
ライジング_8


これはメンバーそれぞれが自分自身が何にも囚われる事なく、本能のままににやっているからなんだ!
実はこれ、観るモノを釘付けにするパフォーマーに共通している重要な事なんだと思う!


よーし!ではライブ後の打ち上げ会場でメンバーからいろいろとお話を聞いてみよう!



------------- Q,ライブを終えた感想はいかがですか?

■ベース メイ・オー・モーリー
「ダナー・ハレーさんの貫録に感動しました!ダナー・ハレーさんのように我々の更にレベルを上げていきたいと思いました!目標が出来ましたので今後のライジング、第二章、第三章とご期待ください!」

■ギター フクイ
「オープニングアクトを務められたDHBさんが実に会場にい流れを作ってくださったので、とってもやりやすかったです!その勢いでライジングも次のLand a Bandさんにうまく引き継げたのかなと思います!次回またラバーソウルのセッションにも参加したいと思います。また、おとバンに今回初参加してお客様に熱い応援を頂きました!今後、2回、3回とまた出演したいと思っていますのでヨロシクお願いします!」

ライジング_12


■ボーカル サイトー
「今回出番がDHBさんの直後だったのでどうなる事かと思いましたが会場の皆様に温かいご支援を頂きなんとかなりました!」

------------- なんだか皆さんすごく謙虚ですよね!?(笑)

■ギター フクイ
「アハハハ!サラリーマンだから~!(笑)」(サイトーさんはその横で何度もお辞儀している)

■ボーカル サイトー
「またおとバンにも戻ってきたいと思いますし、ラバーソウルでもひとつよろしくお願いいたします。ありがとうございました~!」


------------- 毎回おとバンを観覧されている方から、サイトーさんのハイトーンがとても綺麗で、しかも丁寧に歌っていて素晴らしいとの感想をお聞きしましたよ!


■ボーカル サイトー
「ありがとうございます!あああぁりがとうございます!ああああぁりがろぅごじゃいま・・・」(他のメンバー爆笑)

------------- (酔ってる・・・)

ライジング_9


■ドラム ナマミズ
「今日は疲れました・・・。次回はリベンジしたいと思います!」(でも笑顔)


------------- では続いて紅一点!(実は最近ライジング参加がきっかけで初めて楽器を始めたのです!)

■キーボード ナンシー
「まっ黒な衣装ですけど紅一点のナンシーです。他の方達の演奏を観ている時はすごく楽しめましたが、自分自身の演奏には猛省です!今回は2回目のライブだったのですが、メンバーや会場の皆さんからの見守ってくれている感がハンパなく伝わってきて、それがとても嬉しかったです!本当にありがとうございました!」


------------- みなさん本当に謙虚ですね!でも会場には一生懸命さが伝わってきて、みんながガンバレ!っていう気持ちになっていたと思いますよ!まるでAKB48の推しメンを応援するかのよ・・・、・・・ハッ!もしかしてわざとそれを狙っていたのか!?

その後、メンバーのステージネームの話題に・・・

------------- せっかくですのでメンバーの皆さんにカッコいいステージネームとかつけません!?特にサイトーさんって普通すぎませんか!?(笑)



そして出た名前は・・・「ブラック大魔王」「トランザム」「マーシー」「ヨッシー」「鋼鉄太郎」・・・などなど今後どうなっていくのか楽しみですね!(笑)


そして話題は影響を受けたミュージシャンへと移る・・・


■ベース メイ・オー・モーリー
「小学校6年生の頃からGrand Funk Railroadにずっと憧れてました!40数年経ってようやく念願のHeartbreakerのベースをコピーする事が出来た!これ是非どこかで披露したいと思っています!」

■ギター フクイ
「中学生時代にリッチー・ブラックモア!イングウェイ、ゲーリー・ムーアの泣きのギターなんかを高校までコピーしましたね~。その後しばらく時間たって社会人になってからはジャパメタ、ガルネリウスのシュウ!今日のギターは彼のモデルなんです!」

■ボーカル サイトー
「ボクは昔からずーっとロニー・ジェイムス・ディオですね!あと同率2位でスコーピオンズのクラウス・マイネとジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードですね!この3人が目標です!」

■ドラム ナマミズ
「小学校6年生の時にKISSに影響されました。その後高校からはRainbow、Ozzy、トミー・アルドリッチなんかですね。」

■キーボード ナンシー
「ハードロックとかうるさくて大っ嫌いなんですよ!」

------------- ぎゃふん!いきなりなに!?

「J-POPとかすごい好きで、だから後半の2バンドとかすごい楽しかったです!」

------------- でもライジングのメンバーに・・・

「そうなんです。ある日ライジングのリハを観に遊びに行ったら、一緒にやろうって、声かけてくれて。楽器やったこともないのに・・・。それでもイイよって言ってくれるんです。本当にみんな優しいですよ。だからこれからとにかく場数を踏んでいきたいと思っています!衣装もロック通っぽい雰囲気にしてみたんですよ~」




以上、レポ&インタビューでした!

ライジングは重厚なサウンドとは裏腹に、メンバー間は数々の経験から培われた愛情により結ばれているでバンドなんだという事が、ひしひしと伝わってきました!

既にまたおとバンへの出演エントリーを済ませたとの情報も!


これからのライジングの活躍、みんなも応援してくださいね!


| ライブレポート | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン95 出演者情報5】はにぃパラダイス

*「おとバン出演者情報」は、どんなバンドがどんな演奏をするのか?をおとバン開催前にお知らせし、おとバンをより楽しんでもらうためのコーナーです!!

こんにちは、おとバン蔵です!

3/21(土)に新横浜ベルズにて開催する【おとバン95】の出演者情報コーナーです!!

おとバン95は「ひなまつりスペシャル」と題し、【女性ボーカルバンド限定】にて開催します。

5組目の紹介は、80年代アイドル曲を当時を彷彿とさせる演出で楽しませてくれる【はにぃパラダイス】です!!

image_2015031618031754a.jpeg


**********************************************************************

Q1 自己紹介をお願いします!


いつも応援ありがとう❤︎
はにぃパラダイスだよ(*≧∪≦)
はにパラと呼んでね!

わたしははにパラのメグミだよ✨
ファンのみんなからはめぐみちゃんって呼ばれているの♬

大好きな80年代ポップスを歌うアイドルバンドのボーカルなんだけど、今回のライブでまたみんなに会えると思うと嬉しくってドキドキして眠れなくなっちゃう!

あ、でも、でも、睡眠不足はお肌の大敵よね…いつも心配してくれてありがとう!

そそ。新作のはにパラピンズはもうGETした?残り少ないけど、とっても可愛いのでぜひ会場で見てみてね(◞ꈍ∇ꈍ)◞


【はにパラ めぐみのプロフィール】
名前:めぐみ
誕生日:2月12日
年齢:18歳
血液型:A型
出身:横浜
身長:160cm
好きなもの:パンダグッズ集め、絵本
憧れのアイドル:聖子ちゃん、キョンキョン、明菜ちゃん、ミポリン、百恵ちゃん、八神純子さん、今井美樹さん、森高ちゃん…ほか



Q2  い、いきなりアピールがすごいな・・・流石アイドル。18歳については・・・触れないでおきましょう・・・・では、演奏する曲について教えてもらえますか?


えー…マネージャーから、曲のことは話すなって言われてるからぁ…꒰ ´͈ω`͈꒱

ゴメンねっ♡


Q3 ちっ、いちいち面倒だな・・・・おっと、つい素が出てしまった。自己紹介にある好きなアイドル曲を演奏するのでしょうかね〜〜〜では、今回のおとバンでのライブの見所、聞き所を教えてください


んー…そうですね〜

某俳人の演技力にご期待ください( ̄▽ ̄)ニヤリ


それから、当日に向けてメンバーみんなで心を一つにしていっぱいリハーサルしているよ!

わたしたちのライブで、一緒に歌ったり笑いあったりできたらいいな♬

【はにパラメンバー】
ドラム:ゆきちゃん
ベース:プリコ
キーボード:ちえちゃん
ピアノ:ゆりちゃん
ギター:けいちゃん
パーカッション:ハチさん




Q4 噂によると、今回も凄いVTRを作成中とか・・・ライブだけでなく映像も含めたエンターティメントがハニパラの真骨頂ですからね〜〜楽しみにしてますよ〜〜〜では、最後に一言意気込みをどうぞ!!

ハイ!

今年もはにパラの季節がやってきました(*≧∪≦)ひな祭りを盛り上げられるように楽しみます!
ぴろ柳さんとミフネさんもいるよっ♬

そそ。

当日は、ベルズ受付で「はにパラ」と言ってくれたお客さんに先着でとっても素敵なノベルティをプレゼントしまーす!楽しみにしててね。

それでは、会場で待ってまーす꒰#'ω`#꒱੭


image 2


**********************************************************

めぐみさん、ありがとうございました!!

1年ぶりのハニパラ、今回もベルズを80年代にタイムスリップさせてください!


以上で、おとバン95出演者情報は終了です。

5組それぞれ個性が違う女性ボーカルが集まりますので、楽しみです!

| おとバン出演者紹介 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン95 出演者情報4】ADULT(大人)

*「おとバン出演者情報」は、どんなバンドがどんな演奏をするのか?をおとバン開催前にお知らせし、おとバンをより楽しんでもらうためのコーナーです!!

こんにちは、おとバン蔵です!

3/21(土)に新横浜ベルズにて開催する【おとバン95】の出演者情報コーナーです!!

おとバン95は「ひなまつりスペシャル」と題し、【女性ボーカルバンド限定】にて開催します。


4組目の紹介は、バンドとしては久しぶりの登場【ADULT(大人)】さんです!!


**********************************************************************

Q1 自己紹介をお願いします!

こんにちは!ADULT(大人)のボーカル尚美です。
久しぶりにバンドとしておとバンに参加です♪

Q2 尚美さんこんにちは!!ADLUTとしての出演は久しぶりですね〜〜昨年はRIMARメンバーとセッション的な出演でしたもんね!!演奏する曲について教えてください!!

ADULT(大人)は椎名林檎さんと東京事変をトリビュートしているバンドです。

今回は全て東京事変名義の楽曲のみを選曲しました。

スタンダードな曲から、ちょっとコアなファン向けの曲を披露させていただきます。
ライブの選曲は全て私が決定させていただいておりますが、今回は特に「恰好良さ」を追求した選曲にしました。



Q3 東京事変オンリーですか〜〜各楽器の存在感が強いバンドだから難易度は高いけど、カバーするのは面白いですよね!!今回のおとバンでのライブの見所、聞き所を教えてください

今回は何と言っても新たに加わっていただいたドラムくんと現メンバーの融合でしょうか♪

そして初めてチャレンジさせていただく事もあるので楽しみにしていてください♪
わかる人にしかわからない事なんですけど(笑)


Q4 ドラマーはあのバンドのあの人ですよね・・・どういう融合になるのか楽しみ!!尚美さんの衣装も期待してますよ!!では、最後に一言意気込みをどうぞ!!

わたくしごとではありますが音楽活動10年目を迎える年の初ライブがおとバン出演で大変嬉しく思うと共に感謝しています。

久しぶりの里帰りな感じで当日は思いっきり楽しみたいと思います♪


メンバーも大変楽しみにしておりますので何卒よろしくお願い申し上げます!
どうぞよろしくお願いいたします☆」




**********************************************************

尚美さん、ありがとうございました!!

10年目の節目におとバンを選んで頂き嬉しいです!

オトナっぽいライブ期待してます!





| おとバン出演者紹介 | 17:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン95 出演者情報3】D.O.D(Dainsleif of Dark)

*「おとバン出演者情報」は、どんなバンドがどんな演奏をするのか?をおとバン開催前にお知らせし、おとバンをより楽しんでもらうためのコーナーです!!


こんにちは、おとバン蔵です!

3/21(土)に新横浜ベルズにて開催する【おとバン95】の出演者情報コーナーです!!

おとバン95は「ひなまつりスペシャル」と題し、【女性ボーカルバンド限定】にて開催します。

3組目の紹介は、2回目の出演となる「D.O.D」の皆さんです。
現在のおとバンの女性ボーカルバンドの中で最もハードなバンドです!!


**********************************************************************

Q1 自己紹介をお願いします!

D.O.DでBass を担当してます、Baby -punks です。


Q2 Baby -punksさん、こんにちは!!!D.O.Dでは2回目の出演ですね〜〜ありがとうございます!!前回のライブでは、ボーカルのダークエマニュエルの激しボーカルとハードな演奏が格好良かったです!!では、演奏する曲について教えてください!!


『Fell so Bad 』というバンドのカバーをしています。


Q3 Fell so Badっていうバンド名すごいですよね。日本語で絶不調ですから!!このバンドをカバーしている人ってそんなにいない気がするな〜〜今回のおとバンでのメンバー別に見所、聞き所を教えてください


ISSO (Dr)のトリッキーなツーバス!!
リュージ(G)の六本弦な魔術師的なギタープレイ!!
Baby -punks (B)の極悪ベーストーン!!
ダークエマニエル(Vo )の魂をえぐる唄い回し!!



Q4 おぉーーなんだか凄いテンションが上がってくる紹介だーー楽しみにしてます!!!では、最後に一言意気込みをどうぞ!!


激しく楽しいセットリストになってますので、皆さんが元気になってくれたら幸いです。




**********************************************************

Baby -punksさん、ありがとうございました!!

ハードなライブ期待してます!

| おとバン出演者紹介 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン95 出演者情報2】きゅらぴあ

*「おとバン出演者情報」は、どんなバンドがどんな演奏をするのか?をおとバン開催前にお知らせし、おとバンをより楽しんでもらうためのコーナーです!!

こんにちは、おとバン蔵です!

3/21(土)に新横浜ベルズにて開催する【おとバン95】の出演者情報コーナーです!!

おとバン95は「ひなまつりスペシャル」と題し、【女性ボーカルバンド限定】にて開催します。

2組目の紹介は、なんとプラスティック・ウエノ・バンドのキーボード、種部さんが率いる「きゅらぴあ」さんです!


IMG_0575.jpg


**********************************************************************

Q1 自己紹介をお願いします!

きゅらぴあのドラム担当、種部です。
プラスティック・ウエノ・バンドではありませんので
どうかご安心下さい。(笑)


Q2 種部さんこんにちは!!今回はドラムでの参戦ですか〜〜新しいバンドでの出演嬉しいです!!!演奏する曲について教えてください!!


カヴァーとオリジナルを両方演奏します。

カヴァーはbirdやOrange pecoe等、しっとり&クール系を中心にお届けします。 

オリジナルはVoかおりちゃんの雰囲気とイメージを元に作った新曲2曲と、期待の若手キーボード、西原君が高校生の頃に作曲した早熟の(笑)1曲を演奏します。


今回、プラスティック・ウエノ・バンドのウエノさんに1曲歌詞を書いて頂きました。

(鎌倉市の)大船の街並みを背景に、大人の女性へと成長していく女の子の期待と不安に彩られた複雑な気持ち、をモチーフとした曲です。

Voの雰囲気にとてもよく似合った曲に仕上がりました。

どうぞお楽しみに。


Q3 へ〜〜〜ウエノさんが詩を提供したんですね〜〜良いコラボの仕方ですね。カバーもゆったり聞けそうなバンドで楽しみです!!今回のおとバンでのライブの見所、聞き所を教えてください

若き歌姫、かおりちゃんの清廉でクールなVoと若手ミュージシャン達が繰りなす
活きの良い絶妙なコラボを是非ご堪能頂ければと思います。


また、正メンバーのベースが残念ながら仕事で出演できないため
今回「ハーフぴーち」のあっくんにピンチヒッターとして出演して頂きます!

普段とは一味違った(?)彼のクールなプレイにも是非ご注目下さい。




Q4 かおりのボーカル楽しみです!!それと、あっくんが出るんですか〜〜〜クールとは程遠いですが・・・期待してます!!では、最後に一言意気込みをどうぞ!!


では、ここでVoのかおりちゃんよりご挨拶です!


「皆様はじめまして!
今回おとバン初参加の「きゅらぴあ」と申します。
まだまだ経験の浅い未熟者ばかり(特にVo!)ですが、音を楽しむことを大切に演奏したいなと思います。
他のバンドさんの演奏も、とっても楽しみです♪

どうぞよろしくお願いいたします☆」




**********************************************************

種部さん、ありがとうございました!!


曲もメンバーもとても楽しみです!!


| おとバン出演者紹介 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おとバン95 出演者情報1】trAmp

*「おとバン出演者情報」は、どんなバンドがどんな演奏をするのか?をおとバン開催前にお知らせし、おとバンをより楽しんでもらうためのコーナーです!!

こんにちは、おとバン蔵です!

3/21(土)に新横浜ベルズにて開催する【おとバン95】の出演者情報コーナーです!!

おとバン95は「ひなまつりスペシャル」と題し、【女性ボーカルバンド限定】にて開催します。

1組目の紹介は、おとバン初登場trAmpさんです!


**********************************************************************

Q1 自己紹介をお願いします!

trAmpと言うカバーバンドでGtを持っています、榎本です。


Q2榎本さんこんにちは!!おとバン初出演ありがとうございます!!女性ボーカル限定のスペシャルライブに参加して頂き嬉しいです!演奏する曲について教えてください!!



洋楽スタンダードにJ-POP(椎名林檎・Superfly)にアニソンまで色々です。



Q3 おとバン95はJ-POP系が多いので、ぴったりな選曲ですね!!アニソンってなにやるんだろう・・・・では、今回のおとバンでのライブの見所、聞き所を教えてください


恐らく対バンの中で一番おとなしいバンドだと思いますw
初出場&トップバッターということで謙虚な気持ちで盛り上げていきたいと思います。




Q4 おとなしい・・・・最近のおとバン出演者は騒がしいからな〜〜では、最後に一言意気込みをどうぞ!!


バンドとしてはVoが変わってから初めて(+久しぶり)のライブなので、まずは自分たちが楽しめたらと思います。




**********************************************************

榎本さん、ありがとうございました!!

ライブ楽しんでくださいね〜〜


| おとバン出演者紹介 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

14周年記念イベント「シャッフルメンバーバンド企画」参加者募集します!今年は10組目指します!


 こんばんは、アークシップの長谷川です!

14周年記念イベントのスペシャル企画について内容が決まりましたのでお知らせします!!

今年も「バンドメンバーを抽選で決めて、練習1回やって、周年記念パーティで演奏し、どのバンドが一番良かったかを投票で決めちゃう企画」を開催します!!!



この企画は、おとバンの趣旨である【バンドの垣根を越えてメンバー同士がつながる】機会を作ろうと、バンドメンバーを抽選で決めてしまおう!!という内容で、今回で4回目となります!

昨年は念願だった【シャッフルバンドのみで周年記念イベントを開催】する事が出来ました。
また、シャッフルバンドをきっかけに「グレゴリーストライカーズ」や「RIMAR」など継続的に活動を続けるバンドが生まれ事を嬉しく思っています!


今回もその場にいる会場のみんなで投票し、一番良かったバンドを決めます!!


募集は、各パートごとに10名です!!



*メンバーシャッフルの流れ
1,参加して頂ける方は、「バンド名・名前・パート」をotoban@arcship.jpにご連絡ください。
2,5/23(土)の【おとバン96屋外ライブ@戸塚vol.2】の打ち上げにて「バンドを決める抽選会」を行います!!(参加出来ない場合は、代理で抽選します)
3,バンド毎にリハーサル日程を決めて練習
4,そして、7/11(土)が本番!?

たくさんのメンバーがシャッフルされ、シャッフルバンドだけでイベントが成り立つことを目指しますので、皆さまのご参加をお待ちしております!!


ご応募お待ちしています!!


*今年度の新企画やルールについて
・「サポートメンバーも一つだけのバンドにしか参加出来ない」など、新たなルールの検討と、よりゲーム制が高くなるようなアイディアを考え中です。ご意見ご要望があれば参考としますのでメールなどにてご意見ください!


▼昨年の様子はこちら

| おとバン通信 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-3 Land a Band


こんにちは、おとバン蔵です!

ライブレポートの時間がやってきました〜〜〜

今日はMCのチェリースラッシャーがおとバン初登場Land a Bandさんをレポートします!

****************************************
こんにちは!
司会のチェリーです。

今日は「Land a Band」のレポートをお届けします!!

このバンドは我らがアークシップのスタッフである黒ちゃんが率いるバンドです。
あ、でもリーダーではないらしいですが・・

LaB_14.jpg

夜中に1時間くらいlineのやりとりをするという、付き合いたてのカップルかってくらい仲の良いメンバーですが、結成したのは昨年の秋頃だとか。
しかも初めましてのメンバー同士もいたそうで、驚きです。

LaB_5.jpg

私はバンドを組んでいるわけでも音楽をやってるわけでもないのですが、バンドを組んで活動するって気心知れないと出来ないんじゃないかなぁと思うのです。
思ったことを言い合ったり共感し合ったり感覚でコミュニケーションが取れたりとか。
だから結成して間もないことを感じさせずステージを楽しんでいた皆さんはすごいなぁと思いました。


早速そんな演奏の様子をご覧ください!!



演奏していたのはTHE BACK HORNやircle、ASIAN KUNG-FU GENERATION、the band apartなど。
んー、正直バンド名はアジカンしか知らなかった・・しかも曲もよく分からなかった・・


だけど体が気持ちよく動くリズムで、知らない曲でも楽しめました。
前二組がハードロックだったりメタルだったりのバンドだったので、ジャンルが真逆ということに本人達はプレッシャーを感じていたかもしれないですが、私はがらっと雰囲気が変わったのも面白いなぁと思いました。


LaB_12.jpg

個人的にはVo.そらたろう君の叫ぶように歌う姿がフレッシュで良かったです。
途中指から流血してましたけど、それもいい意味で若さを感じました。
おとバンベテラン陣がしきりに「若いなぁ、若さっていいなぁ」と呟いてましたよ。


あと、よっしー君のギターのストラップが故障したりとか、黒ちゃんが最後にテンション上がりすぎてあんな事やっちゃったりとかハプニング盛りだくさんでしたね。
そう考えると安定のすみたくですね。何もやらかしてないもんね。



さて、ここでメンバーに感想を聞いてみました〜!

Vo.そらたろう
LaB_6.jpg

「やりたいようにやらせてもらえて楽しかった!またやりたいと思えるとっかかりになりました!」


Gt.よっしー
LaB_15.jpg

「緊張したけど楽しくライブができました!トラブルもあったけどお客さんが温かくて嬉しかった。
DHBの演出はミュージカルを見ているようで、こんな視点でステージを作ることも出来るんだと思いました。
次はもっと自分を出したい!!」



Dr.すみたく
LaB_2.jpg

「久々のライブで、しかも対バンがレベル高くて不安だったけど、構えることなく楽しもうと思いました。結果完全燃焼できました!あと、おとバンのアットホームさが嬉しかった!こんな打ち上げがあるイベントって珍しいですよね。」


Ba.黒ちゃん
LaB_4.jpg

「お客さんの温かさに助けられました。メンバーをおとバンに呼んで良かったとすごく思えました!!」




皆さんの感想から自分たちの音楽はもちろん、おとバンの雰囲気を楽しんでくれていた様子が伝わってきて嬉しかったです。

余談ですが、Vo.そらたろう君には生まれたばかりの愛娘がいるのだとか・・。奥さん寛大ですね。
今度メンバー全員で手土産もって挨拶に行った方がいいと思います。
まぁそれは冗談ですが、そうやって理解してくれる人が周りにいてくれるということを感謝しながら音楽と向き合うともっともっと素敵なバンドになるんではないでしょうか!!
最後に上から目線ですみません!!

メンバー全員20代というバンドはおとバンではレアなので是非常連になって頂きたいです!!

| ライブレポート | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-2 美夏奈 インタビュー


 こんにちは、おとバン蔵です。

ウエノさんが美夏奈バンドに超ローーーングインタビューをしてくれました!
ありがたい!!


長文となりますが、是非読んでくださいね!



************************************************************

美夏奈2015_2月


ウエノ:お疲れ様でした。
最初に感想を言うと、すばらしいなと私は思いますよ。
最初から鷲掴みにされたねえ。

やっぱり私はサザンが好きなんでね。横浜アリーナのコンサートとか観に行くと、一曲目がやっぱり大事でね。「勝手にシンドバッド」とか「ビッグスターブルース」から始まることもあれば、ちょっと変えてきて、しっとりと春っぽく始めるパタンとかもあって。
今回美夏奈さんは、始まると幕がぱっと上がっていって、山下達郎さんの曲を春っぽくやっていて。そこの心意気からして、全部鷲掴みにされました。


あと、最初に思ったこと更に言っちゃうとね。
以前と同じ曲やったでしょ。「サマーヌード」とか「キレイだ」とか。事前にセットリストもらっていて「ああ同じ曲やるのか」と思っていたのですが。

そしたら予想外の演奏をしていてビックリしました。アレンジが、全く別の曲でしたからね。複雑なことやっていてね、当たり前なんですけど演奏がうまくて。でも別にうまいとか下手とかそういう問題じゃなくて、まあ、バンドサウンドでしたよね。


この2点が、私の一番言いたかったことでございます。
トランペットもうまかったしねえ。

あと、一つ文句を言うとしたら、マイコちゃんが結婚されるのは、斬鬼の念に耐えません(笑)。夢も希望もなく(笑)。


私からは以上です(笑)。

では、それぞれライブの感想をお願いします!



美夏奈:すごくホットな感じで。楽しかったなあって。いろいろ反省はあるけど。
取り敢えずお客さんを巻き込まなきゃって思ってました。

ミスチルの2曲はすごく気持ち良く歌えた。この2曲が今回のライブ肝だったので、歌う前に、MCとかでワンクッションおいて、自分自身も落ち着かせて、集中して腰を入れました。
で、終わってから、ミスチルを演奏すると思ったけど、ああいうかっこいい感じの曲だと思わなかったと五人ぐらいから言ってもらえて嬉しかった。


ウエノ:変な話だけど、あれ、ミスチルの曲だと思わないよねえ。よくよく聴いてみると、桜井さんっぽいところがあって「ああそうかミスチルか」と思うんだけど。でもジャズで全然違うからねえ。伊勢佐木町のジャズバーで聴いたような感じで普通に楽しんでしまいました。なんか小難しいことやっていましたが(笑)。それが全部カッコよかったので。

美夏奈:終わってから、思ったよりあの曲を知らなかったって方が多かった(笑)。だから、私たちの歌として聴いてくれたかもしれない。それはある意味そういう選曲でよかったと思います。

そして「やっぱり演奏陣に感謝」と思いました。ボーカルとして。みんなすごいなって。
「よくあそこまでやってくれたな」って思って、だからこそ私も歌えたって、感謝しています。

長谷川:ライブ中反応がわかんなかったんだよね。お客さんの反応とか、バンドのメンバーの反応とか・・・・

今回の曲ね、この前やった曲とはまた別の難しさがあって。ミスチルのピアノマンが難しいのは最初からわかっていたんだけど、実はAnother Storyの方が雰囲気を出すの難しかったりして。
結構苦労があって。「また難しいの選んじゃったな」とみんなでリハ中に言っていたんですよ。で、何回かリハをやって「これ行ける!」ってバンドとして曲を掴めた時があったんです。
本番前にスタジオ入ってリハしたんですけど、そこがピークで一番よかったんですよ(笑)。あそこでバンドとしてのピークがきちゃった(笑)。そのいいイメージがあったから、逆に本番の時にそこに近づけないことがもどかしくて、自分の中で気持ちが一致しないところが本番中にあったんですよね・・・・これって今までにない感覚で、リハが良すぎるのも考え物なんだなって今回思いました。

と、最初に個人的にネガティブな意見を言ってしまったけど、リハも含め当日のライブもバンド全体としては前回のライブよりまたワンランク上がったと実感出来てる

ウエノ:長谷川さんにインタビューすると、毎回、今回は上がったとおっしゃるのですが。確かに、今回も上がったねえ。段違いに上がったと思った。
すばらしいのが、バンドで課題を高めに定めて、それをクリアしているというがいいと思いました。それが、バンドというものじゃないかしらねえ。



マイコ:ワンランク上がったといってくれるのは、バンドの選曲も含めなんですかね?

ウエノ:それは、バンドの、企画からだよねえ。

長谷川:バンドとして難しい曲を定めて、それをクリアしたのは、バンドとして上がれたかと。前回ファンクが中心で、今回シャッフルもあれば、ジャズもあったし。これからありとあらゆるリズムをやってやろうかと思っている(笑)。
前やった三曲は、自分たちすごく苦労したんだけど、この曲すごいラクだと今回思ってしまった(笑)。ブラスも安定しているし。いい感じだなと。

ウエノ:アツコさん、トランペットは、前から吹奏楽でやってたんですよね?

アツコ:トランペットは、15年ぶりぐらいで、去年の11月ぐらいから4か月ぐらいです。

長谷川:15年ぶりって、じゃあ吹いてたのは小学校低学年だったんじゃない!? 俺、もう25歳だったよ・・・
トランペットはね、マネージャーのコーちゃんがぜひ入れたいと言っていて。じゃあアツコに頼んでみようってダメ元で聞いたら「以前吹いてましたよ」って回答があってビックリした。

ウエノ:トランペット、とても感情込めて吹いていて、とてもよかった。すげえかっこよかった。
サックスが低いところ弾いていて。トランペットに自由に弾いてもらいながら、全部コントロールしているのね。
プロレスでいうとドリーファンクジュニアみたいな。試合をコントロールしているのね。



アツコ:全然例えがわからない(笑)。 全然興味ない!

マイコ:前回12月にライブした時と比べて、今回の方がトランペットとサックスが断然ハモれていると思った。ピッチもよくなっているし、二人でお互いの音の確認のしあい方もそうだし。

長谷川さん:ブラスがきこえるとテンションあがるよね〜〜

マイコ:譜面がないので、耳コピしなければならず、もう死にましたけど(笑)。


ウエノ:俺も自分のバンドで、昔サックス入ってもらったことがあったんだけど。
サックスの奴ってねえバカみたいに、俺が一番かっこいいと思って吹くやつが多いんだよね(笑)。
でも二人はそうじゃなくて、歌心あるから、いいよね。
かゆいところに手が届くといったような。情緒がわかってるよねえ。


アツコ:二人とも、コーラスもやってるんで、そういったことはわかります。


ウエノ:そうだね。美夏奈さんの歌が映えるところは、ここでオブリガードとか。
二人だけ取ってみても、ひとりが主旋律を弾けば、残りの一人は、よしわかった、私はバックで任せなさいと。


マイコ:なんか、十歳も離れていると思えない。
普通だったら、十歳下の女の子とやるときに、変な感情もありそうじゃないですか(笑)。
そこが全然なくって(笑)。それがとっても不思議な感覚なんです。

例えば、音が違うなって話も二人で全然やれるし。お互いに指摘し合えるし。
その感覚もとても気持ちがよかった。

だから自分が出来ていなくても、アツコちゃんが出来ているという期待もあったりとか。
二人でやるから、仕上げられるというところがありました。

美夏奈追加_8


アツコ:チョーうれしい。もう死んでもいい。

ウエノ:バンド全体で、補完しあっている感が、あるよね。
前にも指摘させていただきましたが、メグミさんが他のバンドと比べて、一歩引くんだよね。もう私に任せなさいみたいな。
そしたら、ちょっとしたところで、とてもおいしいところを、持っていったりするんだよね(笑)。



長谷川:美夏奈バンドがバンドとして良くなるには、この辺からギターの音、この辺からピアノの音、といったように、全てのパートが音量では無く音域・リズムを変えるとかで聞こえるようにしたかった。
そして、今録音すると全員の音が聞こえるんですね。なので、「音域」というのは、意識しています。

うっちゃん:アツコちゃんがウワモノを的確にプロデュースしてくれるじゃん。コーラスの入れ方とかさ。リハのときに、そう思いながら弾いていたよ。

美夏奈インタビュー3


アツコ:嬉しすぎて、もう死んでもいい!

長谷川:なんでうっちゃんの時だけそういう反応なんだよ・・・・あと、ボーカルってのは知識的に何にも分からないくらいな方が、ちょうどいいんだよ。
変に頭でっかいになるより「私のイメージはこんな感じだから、そういう音出して」というぐらいの方が逆にいいんだよ。

ウエノ:ホント、マジで、ボーカルの判断基準って、自分が歌っていて気持ちいいかどうかだけだからね。それが一番大事だと思う。

長谷川:そうだよね。理屈じゃないもんね。

ウエノ:あと、今回ボーカル、客を結構あおっていたなあと思って(笑)。

井口:おー、美夏奈ちゃん今回はいったなーと思った(笑)。

美夏奈:確かに(笑)。セイ、って言っちゃたり。

美夏奈追加_7



ウエノ:長渕じゃないんだから(笑)。走ったりしてもいいかと思いました(笑)。

アツコ:パレードのステップとかどうでしたか?



ウエノ:もちろん観ていました。すごくよかった。春だよ、春。
バンドってああいうの嫌がる人多いんだけどね。
でもよかった。というかやるべきだよね。
ああいうのって、時々ステップが反対に行く人とかもいるんだけど、順序もあっていました(笑)。


アツコ:それはもう、空気を読んで。

うっちゃん:それにしても今回も、よくもこんなにまで難しい曲を選んでくれたもんだと。
ハセはリハの時が頂点だったと言っていましたが、自分は本番も結構楽しめたな〜〜リハの延長みたいな感じで本番になった気がします。

ウエノ:でもリハって、入学試験みたいなもんで。本番は、普段の実力の100%は出ないよねえ。60%ぐらいなもんで。

長谷川:そうだよねえ。

うっちゃん:でもぜんぜん本番は緊張しませんでしたよ。
美夏奈追加_6



ウエノ:それは思いました。


うっちゃん:ピアノマンなんか絶対緊張すると思ったんだけど。

ウエノ:ああ緊張していないんだろうなあ、っていうのはわかりました。

俺の後輩でも、川中って奴がいて、バンドマンなんです。ミスチルがうまくて、スナックなんかで歌うとお姉ちゃんがみんな振り向いて、俺が歌っても誰も聴かないで、とてもイヤな奴なんです(笑)。そいつはやっぱり歌がとても桜井さんっぽいの。
でも、今回の美夏奈さんは、ミスチル歌っても、全然違う歌でした。
色気あったよね。



井口:今回、ダナハーレーさんが、一発目からかっこよくて、想定外で決めてくれて。
お客さん視点で観ると、美夏奈も楽しませるというか、もうひと工夫というか。
最近そんなことばっかり考えているんですよ。

DHB_7_20150306180102ca4.jpg



それをどうやって成し遂げるっていう方法論まではまだ全くないんですけど。
バーンってバズーカ砲を打たなくてもいいんですけどね(笑)。スモークまでたかなくていいけど(笑)、何かちょっといいのがないかな、と。

メンバー一同:わかる。

井口:それがあると、二つ楽しみ方があるというか。
一つ目が難しい曲にチャレンジするということ。おお、できるようになったという満足感。
そしてもう一つが、ライブでみんなが楽しめるということ。メンバーもそうだし、観ている人も。それがまだ到達できていないので。一つのイベントの中で、相互に喜べるところまで行きたいんだけど。まだ何かが足りないんですよ。
みなメンバーそれぞれがやってきているんで、その域まで目指してもいいかなと。

ウエノ:足りないというわけではなく、かなりそこら辺を、意欲的に取り組んでいて、答えがすげえ出始めているかな、と思いましたよ。

井口:みんなでね、もっとそういったところを自然にできるといいなと思いました。

美夏奈インタビュー2


うっちゃん:少なくともね、うわもののメンバーはとても楽しそうにやっているからいいなと思いました。

長谷川:でも、ワーッとかイエイとか分かりやすいのと、一歩引いた格好良さは違うし、大笑いもあればクスりってするのとか、タイプがあるじゃん。

DHB_24.jpg


美夏奈バンド流のエンタテイメントとしてどちらを狙うかはこれからだよね。

ウエノ:そういった点では、例えば「ピアノマン」とかは、客が拳を振り上げたりするのではないけど、じっくり聴き入っていたしね。「ラブレイン」とかはそうじゃないしね。「キレイだ」はみんな身体ゆすって聴いているし。


長谷川:「パレード」で一曲目入るのは、ちょっとかわして入ってみたんですよね。おとバン全体がワーって盛り上がっているところをあえてだったんですが、どうでした?お客さん、引いていなかった?

ウエノ:だいじょうぶ、大丈夫。俺、初めて観たポールマッカートニーのライブ思い出しちゃったもん。ステージ映えしてるんだもん。

長くなって恐縮ですが。桑田佳祐が「稲村ジェーン」撮った時に、村上龍さんの「RYU‘s BAR」にゲストで出たの。その時に龍さんが、サザンのコンサート観に行って、一曲目が「さよならベイビー」だったと。派手な演出があるわけじゃないけど、あの懐かしい感じは何かと。いまのサザンはこうなんだと、はっきりと伝わってきたと。
俺もそういうのを高校生の時に観て育っているんで、その点で美夏奈の一曲目のチャレンジは、意図するところがよくわかったし、それでいて楽しかった。


長谷川:そうであれば、よかった。

メグミ:最初、これをやりたいと、選曲された曲が出されまして。私、聴いたことがなかったから、音源をもらって聴いたんですよね。
そうしたら、なんてことをしてくれたのかと(笑)。ブラスを活かす曲って、ピアノの働きがすごい曲が多いみたいで、コーちゃんとすごいことしちゃたねと、改めて話したりして(笑)。それで、何を求められているんだろう、っていうのが最初だったんだけど。
ただ、うちのバンドって、リズム隊がすごくしっかりしているから。で、ギターもそこそこでしょ(笑)。

全員:ハハハ(笑)。

メグミ:バンドスタイルとしては満足な状態にあるから。で、ぶっちゃけ、手を抜いてもいいかなと、毎回思ってるんですよ(笑)。
でもバレて怒られるから(笑)、手が抜けなくなってきて(笑)。

でも、そうやって盤石なのに、すごい練習好きな人達で、めっちゃ努力家ですごい練習して来るから。だから、だんだんやらないわけにはいかなくなってくるの(笑)。
で、私練習嫌いだし、譜面読めないし、とにかく聴いて、最後は小林武史の気持ちになるしかないかなと(笑)。

それで私もすごく一生懸命やった時期があって、最初の音源を聴いて、自分の譜面というか、音符ではないけど自分の言葉に落として書き起こしものを作ったんですよ。
で、作って持っていったら、その日でキーが変わったんですよ(笑)。

美夏奈:ホントすみませんでした(笑)。キー選定はこれからみんなでやろうね(笑)。

メグミ:いえいえ。こういうのがバンドだなと。ボーカルのやりたいものが一番で、ボーカルが気持ちいいなと思ってくれるのが私たちの役目ではないかと。
まあ、本番は、みんなも言っていたけど、全部出し切れなかったかと。それが反省かな。


ウエノ:ジャズとかすげえかっこよかったよ。

メグミ:ホントに? よし!

ウエノ:メグミさんって、ポップスでもロックでも、なんでもできるじゃないですか。
でも、メグミさんのジャズって、私はいままで聴いたことがなかったのでは。
でも、今回初めて聴いて、すんげえ、かっこよかった。


メグミ:嬉しい。気持ちはマイルスだったから(笑)。

美夏奈追加_5




ウエノ:ジャズって、キーボードとブラス隊ってのが大事で。その絡み方が、エッチかエッチじゃないかといったら・・・

メグミ:エッチかエッチじゃないかといったら?

ウエノ:エッチだった(笑)。
アツコちゃんにも語ってもらう。

アツコ:ホントもう、いろいろとありがたい言葉を頂いて。もう死んでもいいんですけど(笑)。

さっきマイコさんにもらった言葉にお返しするとしたら、私、楽器歴も短いし、年下だし、ムカつくことも多かったと思うんですけど(笑)。
他のみなさんが練習をホントにされているので、ついていくのが精いっぱいで。毎回楽しく音楽を出来ているけど、それは全然自分の力ではなくて、乗せてもらっているというか。
ホント毎回感謝してやっております。


ウエノ:オジサンとお姉さん方の中にいて、ホントかっこよく弾いているよねえ。
うまく泳がしてもらっているよねえ。
こういうのって、遠慮して弾かない奴とねえ、遠慮しないで弾くんだけど下手な奴がいてねえ。でもぜんぜんそうじゃなくて、めっちゃくちゃかっこよかったよねえ。
みなさんと楽器歴ちがうとのことですけど、じゃあ音だけとってみて劣っているとは全然思わなくて、自分の表現としてきちんと弾いていると思った。
すごく感情をこめていて、歌をバックアップしていたと思いました。
それは逆にね、トランペットを、マイコさんがバックアップしていたり、メグミさんのピアノがバックアップしていたともいえると思う。


アツコ:前回の渋谷でやったライブで、全然楽しそうじゃなかったと言われたんですよ(笑)。
美夏奈さんってとっても楽しそうに唄うじゃないですか。
その笑顔を振りまいている横だと、私が楽しんでやっていても楽しんでなさそうに見えるらしいんですよ(笑)。
今回は、ハッピーに見えるように、多少気をつけてみました(笑)。

美夏奈追加_33


長谷川:それはいいことだよ(笑)。

ウエノ:俺の好きなバンドに、オレスカバンドってのがあるんだけど、それっぽかったね。気合の入り方が。

アツコ:ありがたい。
周りが安定しているから、こちらが余計な心配をしないでいいので、とてもやりやすかったです。

ウエノ:昔、ジャイアント馬場さんがアンドレを組んだ時・・・、やめようか(笑)。

アツコ:やめましょう! やめましょう!

美夏奈:みんなそれぞれ、思っていることがあるってわかって、それがありがたい。
私は終わっちゃうと結構、ああよかったと思ってしまうところがあるんですよ。
でも、それはあまりよくないんじゃないかと思うところもあって。
一方でみんながこういう風に意見を持っていて、そういったことを次に生かしたいと思うし、そうして歌っていけば、もっともっとバンドとして上に行けるのかなと思う。
一人一人の話してくれたことを、消化したり、みんなで分け合っていけば、もっとすごいことになるんじゃないかなと思います。

とりあえず、今日のライブ映像を早くみたいなと思います。

長谷川:まだよくなるしね、バンドとしてね。
これで全然限界な感じじゃないしね。

井口:バンドが良くなっているから、やれることが何百倍にも増えていくよね。
すごくなんかそのウエイトが俺の中では大きくなっている。

メグミ:5月どうしようか?

長谷川:そうなんです。5月はマイコとアツコがいないんですよ。
戻ってきたときに、レベルアップして迎えたいよね。

ウエノ:マイコさん、何で5月ダメなんでしたっけ?(とわざと聞く)

マイコ:式の次の週なのです。練習も時間取れそうにないし。

ウエノ:イケスカないな。キャンセルだ、キャンセル(笑)。
というわけで、お幸せに。


長谷川:同じ意識でバンドをできるというのは、それだけで、奇跡に近いですよね。
誰か一人がやる気がないと、変わるわけじゃない。
夫婦だと2人だけど、バンドだと7人じゃん。マネージャーのコーちゃん入れると8人だよ。
それがこうやって、同じところで進んで行けるというのは、それ自体が、奇跡だなって思ってます。


美夏奈インタビュー1

| ライブレポート | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-4 美夏奈


こんにちは、おとバン蔵です!

おとバン94ライブレポートの時間がやって来ました!

今日はトリをつとめた「美夏奈」です。

レポーターは、美夏奈のライブを結成当時から観ていて、毎回レポートを書いてくれている【プラスティック・ウエノ・バンドのヴォーカルウエノさん」です。

今回も温かく細部にわたりレポートされています!
では、ウエノさんよろしくお願いします!

**************************************************

<開演前>
「待春や 妻にピアニカ 購へり」

かわいい妻がいたら、ついピアニカでも買ってあげたくなるものだ。

でも世の中には、歌いたいという妻のために、信頼できる友人を集めてバンドを組んでもらった男もいる。
いわば、心が許せてかつ精緻なピアニカを妻に購ったのである。

男を突き動かしたのは、妻が歌いたいという心持ちの清(さや)かさと、そうすることで春が訪れるという祈りに似た気持ちである。


暦の上では立春を過ぎたというのにまだ肌寒い2月21日、私は新横浜にいた。
そのバンドを観るためである。


司会者が「では次のバンドは『美夏奈』です。よろしく」と紹介し、幕が上がった。

美夏奈_1


<M1:パレード(山下達郎)>

「この街に 啓蟄告ぐる ファンファーレ」 

いきなりブラスの音が聞こえて来た。
そしてそれはすぐにバンドサウンドとして認識するに至った。
美夏奈追加_1



幕が上がりきると、ステージ上に7人の男女が見えた。

ボーカル:美夏奈さん、ギター:長谷川さん、ベース:うっちゃん、キーボード:メグミさん、ドラム:井口さん、トランペット:アツコさん、サックス:マイコさん。

7人全員が左右に揺れながら演奏している。
そして7人のそれぞれが白ないし黒の衣裳を来ている。



いかにも春らしい。一曲目から鷲掴みにされた。
初めて東京ドームでポールマッカトニーのコンサートを観たときのことを思い出した。

メグミさんが高いコーラスをキメた。井口さんのファルセットコーラスも佳し。

曲の終わりの最後のベースの音が効いている。



<M2:キレイだ(スキマスイッチ)>

「妙齢と 少女のはざま 春愁ひ」

ギターのカッティングが印象的。
長谷川さんが前に出てきて観客を煽りながら弾いている。

美夏奈追加_2



シャッフルで攻めて来ている。とても軽快だ。
前回、おとバンでこの曲を聴いたが、このようなアレンジでなかった。

Bメロの美夏奈さんのボーカルはとても詩情に溢れている。
美夏奈_13


そして更に、アツコさんのトランペットに感情が込められている。
小柄で色白の女の子が、上向き加減にトランペットを感情いっぱいに吹いている。

美夏奈_9


軽快な曲調なのに、なぜか、春愁(しゅんじゅう)というものを感じてしまう。

そして、それを支えるのが、マイコさんのサックスだ。
美夏奈_10


確固たる低音部が、年下の娘に自由なプレイを任せている。

さらに、曲終わりのベースとドラムのドーンという音が、本当に佳く効いていた。


<M3:サマーヌード(真心ブラザーズ)>
「紅色の グロスの光 春の宵」

いままで座っていたメグミさんが、この曲では立って弾き始めた。
アツコさんの白い化粧が、黒衣装に映えている。大人っぽく見える。

美夏奈さんが歌いながら手を振りっている。「アリガトー」と叫んでいる。

美夏奈_11


高い声の部分では、もはや多少ずれてもよいというぐらいに、声をとにかくよく出している。

サビの「サマーヌード」という部分で、観客を多いに煽る。コール&レスポンス。
美夏奈_15


長谷川さんもコーラス。
そして、井口さんは、ドラムを叩きながらずっと歌っている。声が入っていようとなかろうと、ずっと歌っている。
私は、そのようなドラムが好きだ。

美夏奈_17


メグミさんのキーボードソロに、トランペットとサックスがプパーと絡む。

美夏奈_14

パーティソングにふさわしい。
そしてそのパーティーの現場では、女性4人の紅いグロスが妖艶に私を惑わせた。

曲の終わりでは、ギターアルペジオを中心に、その下部をサックスがコードを伸ばし、上部をトランペットが自由にフェイクし、ベースとドラムで最下部をドーンと効かせて、それらすべてを、キーボードが和音で束ねていた。


MCで全メンバーからコメントをもらった後、美夏奈さんが「これから大好きなミスチルの歌を2曲やる」と話して、演奏が始まった。


<M4:Another Story(ミスチル)>

「母として 歌ふバラード 春の雨」

キーボードによるイントロに、ベースとサックスがやさしく絡む。
美夏奈さんの歌が、バラードにはえる。大人っぽい。

美夏奈追加_4


ドラムのシンバルが効いている。
そして、アツコさんとマイコさんのコーラスがかぶさる。
美夏奈_2


確かによく聴けばミスチルの歌であることがわかる。

しかし、もはやミスチルの歌ではない。
美夏奈さんの歌となっている。
誰かに対して、語りかけているようである。
客先のタイセーくんは、母になにを見るであろうか。


マイコさんのサックスソロが始まる。聴かせてくれる。



曲が中間部のブリッジとなり、全体の音が落ちる。
抒情的なピアノだけが残る。ギターがアルペジオで隠し味をつける。
バンド界の婦唱夫随だ。




全体的に、ベースがとてもメロディアスで、サウンドを底上げしていた。

<M5: Piano Man(ミスチル)>

「春暁や ジャズを飲みほし 千鳥足」

前の曲の余情の中、ドラムがワン、ツーとカウント。

音楽的に難しそうだが、かっこいいということはよくわかった。
うっちゃんのベースがかっこいい。
美夏奈_4



そしてなにより、メグミさんのキーボードが佳い。
メグミさんのジャズを聴くのは初めてだ。
美夏奈_3


トランペット、サックスもキメてくる。
気が付くとベース、ドラムが低音部で心地よく鳴っている

伊勢佐木町のジャズバーで美夏奈さんが歌っているのか。

これもミスチルの歌だったっけ。
もう、朝まで、飲んだくれていたい。

メグミさんがキテる。叩くようにピアノ弾いている。楽しそう。
メグミさん、ジャズできるねエ。


ギターが音色を変えている。ピコピコ音でカッティング。
さすがジャズ界の婦唱夫随だ。

美夏奈さんが、タイセイくんを見ながら、歌っている。

<M6:Love Rain(久保田利伸)>

「楽団に 囃されし魂(たま) 花盛り」

横ノリで癒される曲だ。
美夏奈_23


メグミさんがこの曲でも立って弾いている。
そして、いちいちベースとドラムがすごすぎる。
キメが佳い。



手を伸ばす歌う美夏奈さん。
コーラスのアツコさんも手を振って歌う。

長谷川さんのカッティングはやっぱりいいなあ。
トランペットとサックスの二人もいい音出ている。

美夏奈さん、だいぶステージの前の方に出ていって歌っている。
すごく声が出ている。

そして、アツコさんのコーラスも、感情が込められている。
叫ぶように声が出ている。

アツコさんは歌心あり、すごく佳い。

そして、メグミさんのコーラス、このバンドでは一歩引いているんだよね。
それがすごく佳い。

美夏奈さんは走って歌ってもいいかも。
フェイクでもっと遊んでも歌ってもいいかも。

終わり方、とってもうまい。
ベース+ドラム、キーボード+ギターの組み合せなんだよね。


美夏奈さんが「タノシカッタヨー」と叫んで、春の宴は終了した。

美夏奈_22

| ライブレポート | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-1 ダナー・ハーレー・バンド


こんにちは、おとバン蔵です!

2/21(土)に新横浜ベルズにて開催したおとバン94のライブレポートをお届けします!!

今日はアークシップメンバーの八木さんによるおとバン初レポート!!
それもダナーハーレーバンドという、無茶ぶり状態!!

では、八木さんお願いします!

***********************************************

こんにちは、アークシップスタッフの八木です!
おとバンのレポートを、初めて担当させていただくことになりました。

音楽鑑賞が趣味と言ったこともありますが、特に音楽に詳しい訳でもありませんし、ましてや楽器の演奏ができる訳でもありませんから、ロックなんて無知の世界でしかないのですよ!

そんな私にレポートなんて・・・と思いましたが、
感じたまま、思ったままをレポートしてほしいということで、レポートを書くことになりました!!


そんなわけで、今回私がお届けするのは、ダナー・ハーレーバンドです。

それでは、前置きばかりが長くなってしまいましたが、ここらでステージの様子をお届けしたいと思います。



会場が真っ暗になり、ステージのスクリーンに写し出された映像には、 「Danner Harley Presents」の文字が、
DHB_追加



これから始まるステージがどんなものか、ワクワク・ドキドキが止まらない!
なんたって私、DHBのライブを見るのは、今回が3回目なのですから

でもこの演出がたまらなく、みんなを「ダナー・ハーレーバンドの世界」へと導いてくれるのです。


ボーカル、ダナー・ハーレーの素顔が・・・
そして仮面?が映し出された。

何だか仮面ライダーのオープニングを思い出してしまった私(笑)


かわいいベスちゃんの横顔に癒されたかと思ったら、現れたHide Wattsの肩には何故かサロンパスが、
さすが笑いも忘れていませんね!


さらに、ギターの映像が流れる。人ではなくギターってどういうことなの?と思いながらも感動!

そして、そして、スクリーンが、ゆっくりと上がって行く、私の心拍数も上がっていくのを感じます。


キター♪♪♪♪♪♪
DHB_1_20150305181658ed7.jpg


メンバー登場、激しいライブのはじまりです。観客も一気に熱狂のステージとなりました〜〜

そのライブ映像をご覧下さい!





足元から、からだ、頭の先までと響き渡る演奏に、しびれてきちゃいますねー
ロック未熟者の私でも、身体が自然とリズムを刻んでしまうほどの“魂”の演奏なのですよ!

DHB_21.jpg



今回から、正式メンバーとなったベスディビスとの、ダブルボーカル
DHB_8_201503051818386c6.jpg


そして今回助っ人ドラマーとして加わった、ドラムのHide Watts!
DHB_13.jpg



初めてとは思えないほどにバンドとマッチしていて、ステージを盛り上げていきます。


OH YEAH!!!!!!
DHB_16.jpg



合言葉のように交わされる掛け声に。私も思わず大声で叫んでしまいました〜〜


ここで、メンバーを紹介します!

ボーカル:ダナー・ハーレー
DHB_7_20150305181837cd9.jpg

ボーカル:ベスディビス
DHB_5_2015030518170314f.jpg


ギター:プリンス貴族
DHB_2_201503051816597df.jpg



ギター:ATSUSHI$ゴールデン
DHB_4_2015030518170285d.jpg


ベース:ベイビーパンクス001
DHB_15.jpg


メンバーが次々と見せ場を作っていきます。

DHBの演出のために作られた「客席花道」
こってるな〜〜

DHB_11.jpg



目の前で、手の触れ合える距離感は、見るものすべてを興奮の渦へと巻き込んでいきます。


ステージも佳境に入ると、スモークが吹き上がり、ボルテージは最高潮になっていく
DHB_10.jpg



ボーカル、ダナー・ハーレーに続き、負けないくらいの声で叫ぶ観客席
立ち上がり、みんなで踊り、拳を突き上げ、メンバーも観客もすべてがひとつになっていくのです。
DHB_9_20150305181839514.jpg


私は1曲も知っている曲がないから、周りのみんなを見ながら、ついていけばいいかなと思っていたけど、気付いたら自然とからだが動いてた!!
DHB_12.jpg


知らない者同士も、いつしか音楽の魅力で繋がって、会場全体がDHBの虜になっていたようだ!
DHB_3_201503051817006b4.jpg

DHB_19.jpg
DHB_18.jpg
DHB_26.jpg



こうしてはじめてづくしの熱狂のステージは、大満足の結果で幕を下ろすこととなるのでした。


出演者も観客もおなかいっぱいになった気分ですが、興奮が冷めやらぬまま、
次のステージへと移り変わっていきました!


【メンバーにインタビューしちゃいました!】
Q 今日のステージ、トップでの感想は?

A トップバッターでのドキドキ感の中、満席にビックリで、とてもありがたい事です。
  終わってスッキリしたと感と、なんだか物足りない感と、不思議なキモチになった。
  後が控えていると思うと、思う存分やっているようで、MCが短くなっていた(笑)


Q 今日のステージ構成について教えて下さい!

A 演出は、毎回ボーカル、ダナー・ハーレーが担当している。
  スクリーン演出も、絵コンテを書いたものを、ギターのプリンス貴族が映像にしてくれる。
  思った通りの仕上がりになっていることが、逆に面白くて不思議な事でもある。
  
  演出は、“考える”のではなく、“パッと思いつく”事が多く、しかも仕事中のひらめきが多いそうです。
  
 ステージを降りることは今までもあったが、花道を作ったのは今回が初めての事(ベスちゃん発案)
  “個”をアピールする事が出来て、なかなか良いものになったと思う。
  個の力は強く、みんな「俺が俺が」タイプが集まったバンドではあるが、きちんと演奏曲で「誰が目立つべきか!」をみんなが理解しているので、花道もスムーズに使うことが出来た。
  
DHB_25.jpg




Q 何とも、素晴らしいチームワークですね!DHBとは・・・?ステージで一番大切にしていることとは何ですか?

A バンド名こそ、ダナー・ハーレーバンドで、ボーカルのダナー・ハーレーがメインのように思えるけど、バックにメンバーがいるからこそ、はじめてDHBと言える。メンバー全員が揃わなければ、DHBではないと言えるのだ! 

DHB_23.jpg
  

メンバー同士がお互いを大切にしている思いがあるからこそのDHBであることを教えてもらいました。

ドラムのローズが抜けて、今回ヘルプでHide Wattsが参入
しかし、今までも一緒に活動してきたかのようなフィット感を誰もが感じることが出来た。



これも、メンバー同士を大切に思う精神があるからなのだと感じました。


今回が10回目のステージとなったが、はじめてづくしのステージ

サポートメンバーだったベスディビスが正式ボーカルとして加入したことで、ダブルボーカルとして新しい「DHB」の誕生に、これからが楽しみになってきた!と言うメンバーがキラキラ輝いて見えました。

DHB_14.jpg
DHB_20.jpg


次回のおとバン出演は、5月23日(土)戸塚駅前での野外ステージ、盛り上がること間違いなしですね!
新生DHBの活躍が、ますます楽しみになってきました。これからも応援していきたいです!


ロックを知らない、おとバン初心者の私に、その後も話題は絶えず語ってくれました。
DHBの誕生、メンバーの歴史、おとバンへの思いなどなど、この話は今回はヒ・ミ・ツでーす!


今回のレポートを通して、大人の真剣な遊びへの思いを知ることが出来ました!!



| ライブレポート | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。