FC2ブログ

ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】94-1 ダナー・ハーレー・バンド


こんにちは、おとバン蔵です!

2/21(土)に新横浜ベルズにて開催したおとバン94のライブレポートをお届けします!!

今日はアークシップメンバーの八木さんによるおとバン初レポート!!
それもダナーハーレーバンドという、無茶ぶり状態!!

では、八木さんお願いします!

***********************************************

こんにちは、アークシップスタッフの八木です!
おとバンのレポートを、初めて担当させていただくことになりました。

音楽鑑賞が趣味と言ったこともありますが、特に音楽に詳しい訳でもありませんし、ましてや楽器の演奏ができる訳でもありませんから、ロックなんて無知の世界でしかないのですよ!

そんな私にレポートなんて・・・と思いましたが、
感じたまま、思ったままをレポートしてほしいということで、レポートを書くことになりました!!


そんなわけで、今回私がお届けするのは、ダナー・ハーレーバンドです。

それでは、前置きばかりが長くなってしまいましたが、ここらでステージの様子をお届けしたいと思います。



会場が真っ暗になり、ステージのスクリーンに写し出された映像には、 「Danner Harley Presents」の文字が、
DHB_追加



これから始まるステージがどんなものか、ワクワク・ドキドキが止まらない!
なんたって私、DHBのライブを見るのは、今回が3回目なのですから

でもこの演出がたまらなく、みんなを「ダナー・ハーレーバンドの世界」へと導いてくれるのです。


ボーカル、ダナー・ハーレーの素顔が・・・
そして仮面?が映し出された。

何だか仮面ライダーのオープニングを思い出してしまった私(笑)


かわいいベスちゃんの横顔に癒されたかと思ったら、現れたHide Wattsの肩には何故かサロンパスが、
さすが笑いも忘れていませんね!


さらに、ギターの映像が流れる。人ではなくギターってどういうことなの?と思いながらも感動!

そして、そして、スクリーンが、ゆっくりと上がって行く、私の心拍数も上がっていくのを感じます。


キター♪♪♪♪♪♪
DHB_1_20150305181658ed7.jpg


メンバー登場、激しいライブのはじまりです。観客も一気に熱狂のステージとなりました〜〜

そのライブ映像をご覧下さい!





足元から、からだ、頭の先までと響き渡る演奏に、しびれてきちゃいますねー
ロック未熟者の私でも、身体が自然とリズムを刻んでしまうほどの“魂”の演奏なのですよ!

DHB_21.jpg



今回から、正式メンバーとなったベスディビスとの、ダブルボーカル
DHB_8_201503051818386c6.jpg


そして今回助っ人ドラマーとして加わった、ドラムのHide Watts!
DHB_13.jpg



初めてとは思えないほどにバンドとマッチしていて、ステージを盛り上げていきます。


OH YEAH!!!!!!
DHB_16.jpg



合言葉のように交わされる掛け声に。私も思わず大声で叫んでしまいました〜〜


ここで、メンバーを紹介します!

ボーカル:ダナー・ハーレー
DHB_7_20150305181837cd9.jpg

ボーカル:ベスディビス
DHB_5_2015030518170314f.jpg


ギター:プリンス貴族
DHB_2_201503051816597df.jpg



ギター:ATSUSHI$ゴールデン
DHB_4_2015030518170285d.jpg


ベース:ベイビーパンクス001
DHB_15.jpg


メンバーが次々と見せ場を作っていきます。

DHBの演出のために作られた「客席花道」
こってるな〜〜

DHB_11.jpg



目の前で、手の触れ合える距離感は、見るものすべてを興奮の渦へと巻き込んでいきます。


ステージも佳境に入ると、スモークが吹き上がり、ボルテージは最高潮になっていく
DHB_10.jpg



ボーカル、ダナー・ハーレーに続き、負けないくらいの声で叫ぶ観客席
立ち上がり、みんなで踊り、拳を突き上げ、メンバーも観客もすべてがひとつになっていくのです。
DHB_9_20150305181839514.jpg


私は1曲も知っている曲がないから、周りのみんなを見ながら、ついていけばいいかなと思っていたけど、気付いたら自然とからだが動いてた!!
DHB_12.jpg


知らない者同士も、いつしか音楽の魅力で繋がって、会場全体がDHBの虜になっていたようだ!
DHB_3_201503051817006b4.jpg

DHB_19.jpg
DHB_18.jpg
DHB_26.jpg



こうしてはじめてづくしの熱狂のステージは、大満足の結果で幕を下ろすこととなるのでした。


出演者も観客もおなかいっぱいになった気分ですが、興奮が冷めやらぬまま、
次のステージへと移り変わっていきました!


【メンバーにインタビューしちゃいました!】
Q 今日のステージ、トップでの感想は?

A トップバッターでのドキドキ感の中、満席にビックリで、とてもありがたい事です。
  終わってスッキリしたと感と、なんだか物足りない感と、不思議なキモチになった。
  後が控えていると思うと、思う存分やっているようで、MCが短くなっていた(笑)


Q 今日のステージ構成について教えて下さい!

A 演出は、毎回ボーカル、ダナー・ハーレーが担当している。
  スクリーン演出も、絵コンテを書いたものを、ギターのプリンス貴族が映像にしてくれる。
  思った通りの仕上がりになっていることが、逆に面白くて不思議な事でもある。
  
  演出は、“考える”のではなく、“パッと思いつく”事が多く、しかも仕事中のひらめきが多いそうです。
  
 ステージを降りることは今までもあったが、花道を作ったのは今回が初めての事(ベスちゃん発案)
  “個”をアピールする事が出来て、なかなか良いものになったと思う。
  個の力は強く、みんな「俺が俺が」タイプが集まったバンドではあるが、きちんと演奏曲で「誰が目立つべきか!」をみんなが理解しているので、花道もスムーズに使うことが出来た。
  
DHB_25.jpg




Q 何とも、素晴らしいチームワークですね!DHBとは・・・?ステージで一番大切にしていることとは何ですか?

A バンド名こそ、ダナー・ハーレーバンドで、ボーカルのダナー・ハーレーがメインのように思えるけど、バックにメンバーがいるからこそ、はじめてDHBと言える。メンバー全員が揃わなければ、DHBではないと言えるのだ! 

DHB_23.jpg
  

メンバー同士がお互いを大切にしている思いがあるからこそのDHBであることを教えてもらいました。

ドラムのローズが抜けて、今回ヘルプでHide Wattsが参入
しかし、今までも一緒に活動してきたかのようなフィット感を誰もが感じることが出来た。



これも、メンバー同士を大切に思う精神があるからなのだと感じました。


今回が10回目のステージとなったが、はじめてづくしのステージ

サポートメンバーだったベスディビスが正式ボーカルとして加入したことで、ダブルボーカルとして新しい「DHB」の誕生に、これからが楽しみになってきた!と言うメンバーがキラキラ輝いて見えました。

DHB_14.jpg
DHB_20.jpg


次回のおとバン出演は、5月23日(土)戸塚駅前での野外ステージ、盛り上がること間違いなしですね!
新生DHBの活躍が、ますます楽しみになってきました。これからも応援していきたいです!


ロックを知らない、おとバン初心者の私に、その後も話題は絶えず語ってくれました。
DHBの誕生、メンバーの歴史、おとバンへの思いなどなど、この話は今回はヒ・ミ・ツでーす!


今回のレポートを通して、大人の真剣な遊びへの思いを知ることが出来ました!!



スポンサーサイト

| ライブレポート | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://otobanlive.blog21.fc2.com/tb.php/1040-6951bb75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。