FC2ブログ

ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ライブレポ】67-2 グービーグーバーズ

こんにちは、おとバン蔵です!!

3/24に行われた『おとバン67』のライブレポート。
今回はなんと!! あの GALACTIC KEN BAND のボーカル
KEN さんの登場です!!

皆さんが読みやすいように
日本語でレポートしてくれてますよ!!

それでは どうぞ!!


*********************************************

Hello!じゃぱーん!
ロドリゲス☆KENデース!

IMG_0446.jpg


おとバンでは最近すっかり話題のバンド、
グービーグーバーズのライブの模様を日本の皆さんの為にレポートしますYO!


グービーグーバーズ(以下、グビグバと勝手に略)は今回で3回目のライブ。
毎回その強烈なビジュアルと音楽性は観客を淫靡でカオスな世界に強引に
引き込んでいっております。


そう、まだグビグバのライブを観ていない人はぜひとも次回のおとバンに
絶対来るべし!
ロドリゲスが自信を持ってお勧めいたします。でも苦情は一切受け付けません!
キリッ


まずはメンバーを紹介いたしましょう。

マン次郎(Gt)
IMG_0162.jpg

銀狼(Ba)
IMG_0094.jpg

ロビンソン(Gt)
IMG_0108.jpg

いっこく大師(Dr)
IMG_0114.jpg

カーニー(Key)
IMG_0126.jpg


彼らの衣装。完全に常識を打ち破っております。


彼らには放送コードなんて関係ありません!過去2回のライブで
彼らが完全に作り上げた「グビグバワールド」は、まさに宇宙の如く爆発し、
恐ろしいほどの勢いで膨張し続けているのです!
そしてグビグバの音楽がまたその独自のビジュアルにミョ~に
マッチしているんです。

IMG_0131.jpg


SETLISTについては彼らのブログ「グビグバ日記」に詳しく書かれております
のでぜひご参照ください。


今回は東日本大震災を受けて書かれたオリジナル曲もあり、
どの曲もとても真面目な曲なんです。それが意外。


なんだろう、どうレポートして良いのか分からないくらい
彼らのステージってネタ満載なんですよ。

IMG_0168.jpg


基本的にはポップな曲が多いのですが、
その中で印象的だったのがマン次郎の歌い方や声がなんだかとっても
キュートなんですよね。


それに今回ギタリストデビューを果たしたロビンソン。
今回彼は全体的な進行役もこなし、その真剣さにちょっとだけ心を
打たれました。


黙々とタイトなリズムを刻む、いっこく大師。彼のリズム感と渇き気味の音、
ハッキリ言って超好みです。


キーボードの音色を効果的に使いこなすカーニーのアイデアに脱毛。いや脱帽。
銀狼のキャラクターには泣く子も黙るほどの衝撃!


そんな思いを抱きつつ彼らのステージを観ていると、な、なんと、
GALACTIC KEN BANDのPrince KiZoKがステージに上がっているでは
ありませんか!?

IMG_0185.jpg


しかも、ドリフでお馴染みのあの「ヒゲのテーマ」で
ギターソロを弾いているぞ!


なぜかハードロックに聴こえてくる!そして、プリンスがマン次郎と
ギタープレイを楽しく愉快に絡まろうと仕掛けるが、マン次郎が華麗に
スルー。それを見て私は一人で爆笑してました。


そしてステージに更なる乱入者が!なんと、ダナー・ハーレー氏が
ステージに上がり、ロビンソンを挑発!ちょっとプロレスみたいだ!

IMG_0220.jpg


「ヒゲのテーマ」は依然として続いております。
客席をダナー氏が煽る煽る!ロビンソン硬直!
何かが閃いたのかロビンソンは私ロドリゲスをステージに呼ぶ。

IMG_0237.jpg


ダナー氏は暴れ続ける!ロドリゲスは何をすれば良いのかロビンソンに
質問する。ロビンソンはあたふたテンパる。そしておもむろに謎の小袋から
ゴム紐を出すやいなや、ダナー氏にそのゴムを取り上げられる。


何してんだロビンソン。更にテンパる。ダナー氏は何の躊躇もなくゴムの端を
ロビンソンにくわえさせ、距離を取ってゴムパッチン。きましたゴムパッチン。
倒れこむロビンソン。客席大爆笑。「ヒゲのテーマ」は続いております。

IMG_0259.jpg


そしてもう一度ゴムをくわえたまま今度はロドリゲスにゴムパッチンされる。
倒れるロビンソン。客席大爆笑。遊ぶのに飽きたダナー氏がステージを去る。


残された私ロドリゲスは、その後ロビンソンと一緒にクレイジーケンバンドの
「Oops! Kitty-chang」を歌う事に。なにこの流れ(笑)

IMG_0263.jpg


このなんともおかしな展開に会場にいる誰もが笑わせて戴きましたが、
なぜかグビグバメンバーは初めから終わるまで誰一人として笑わないんです。
ちょっと怖い・・・。


今後おとバンには毎回のようにエントリーしているグビグバ。
次回は何をやらかしてくれるのか、とっても楽しみな目が離せないバンドです!

スポンサーサイト



| ライブレポート | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://otobanlive.blog21.fc2.com/tb.php/581-594693db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT