FC2ブログ

ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ライブレポ】74-5 Bunglers

こんにちは、おとバン蔵です!!

今日のライブレポートは、2回目の出演となった「Bunglers(バングラーズ)」さんです。

レポーターは、この日の為に来日したGALACTIC KEN BANDのギター【プリンス貴族】です!!

********************************************

Hello JAPAN!!

GALACTIC KEN BANDのプリンスでございます。

DSCN6138.jpg


愛するおとバンのためツアー中のドバイより新横浜に帰って参りました。
今回もすごい盛り上がりましたね。


おとバン11ヶ月ぶり、2回目の登場

問答無用の熱いロックをかましてくれた「Bunglers」(バングラーズ)さんのライブの模様をレポートします。


またしても最初からやられました!!
演奏が始まった瞬間に会場の空気が変わるのがわかります。

音圧が違う!!

130223おとバン_出演者5-5


これ音のでかさじゃなくて…とにかくハートにグイグイくるんです。
70年代の古き良きロックのにおいがプンプンします。


ただ立っているだけで雰囲気があるメンバー

Vo:MICHIZO
130223おとバン_出演者5-1


パンチのある声。

迫力のバック楽器陣に負けないパワーを持っています。
MCの和やかさからうって変わって曲に入ったとたんに人が変わります。

時折見せる仕草がホントロックしてます。
今回は腰痛というアクシデントをおして素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれました。



G:スギポン
130223おとバン_出演者5-2


音色、フレーズ、チョーキング、ビブラート、どれをとってもこの人とわかる個性あるギタープレイ。
ストラトを完全に鳴らしきっていますね。

とにかく手数が多い。

楽器陣が3ピースとは思えない音の多彩さはこの方のプレイがありきですね。
気持ちよくていくら聞いていても飽きません。


B:OMI
130223おとバン_出演者5-3


私、楽器の中でベースの音がとても好きなんです。
この方のベースラインはホントカッコいい!音が踊っているようです。

様々なパターンのアレンジを聞かせてくれます。
またステージでの出で立ちがまさにベーシストですね。


Dr:INO
130223おとバン_出演者5-4


安定したどっしりしたリズム。
パワーあふれるギター、ベースをさらに引っ張っていきます。

これだけパワー全開なのに、タイコにシンバルに全体のサウンドバランスが非常にいいんです。
とても聞きやすく、歌を活かすドラミングはさすがです!




さあ、メンバー紹介だけでも熱く語ってしまいましたが、
全編オリジナルの曲がまたカッコいい!


1曲目 「目覚め」

これぞ王道という気持ちのよいギターリフで始まる雰囲気のある曲です。
すべての楽器の良さが出ているBunglersらしい曲ではないでしょうか。

2曲目 「足掻き」

心地よいミドルテンポの軽快な曲。
たまらないフレーズ満載のギターソロから続くボーカルスキャットとのユニゾンはもうニンマリです。


「こいつらうまい!!」

とベテランのおじさま方が思わずつぶやきます。




3曲目 「弾丸」

今回のセットリストの中では一番ハードなアレンジの曲。
グイグイくるイントロで客席からたまらず絶叫がもれる!
ストレートな8ビートで突き進みます。

スギポンの華麗なギタープレイに思わず握手を求めるオーディエンス…


4曲目 「Mary」

シャッフルリズムのブルーステイストな曲です。
MICHIZOさんが情感たっぷりに歌い上げます。

奥行きのあるBunglersの広い世界観を感じる曲ですね。


5曲目 「嘆きの風」


新曲だそうです。
また雰囲気ががらっと変わります。
静と動のコントラストが心地よい曲です。ギターも巧みなスライドプレイで飽きさせません。



「最後の曲です」で

客席からは本気の「えーー!もっと聞きたーい!!」が
これホントみんな本心でしたね。


6曲目 「SET ME FREE」

最後は思わず身体が動いてしまうノリノリのナンバー。
ギターリフとベースラインが絶妙に絡みます。
スギポンが奏でるフレーズはホントカッコいいスケール使うんですよね。


お客さんも文句なしにノックアウトされて惜しまれつつ終了。



Bunglersはメンバー全員の技術の高さはモチロンのこと、とにかくどの曲もアレンジがカッコいいですね。


シンプルでストレートな曲もあれば、ひねったリズムパターンがあったり、小粋なブレイクが入ってきたり。
それにのってボーカルが伸びやかに展開する。



ギター、ベース、ドラムの3ピースの良さを究極に突き詰めた感じ。



ボーカルさんの声、個々のプレイ、楽曲、アレンジ…
どれをとっても完全にツボ、私の好みでございます。
いや、私だけではない、みんなも一緒でしょう。

また早くおとバンに戻ってきていただきたい!
次回が楽しみなバンドでした。



スポンサーサイト

| ライブレポート | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://otobanlive.blog21.fc2.com/tb.php/732-ec165c41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。