FC2ブログ

ノーバンド・ノーライフなオトナ達のライブイベント「おとバン〜大人バンド倶楽部〜」

横浜・神奈川発!~おとバンは、音楽・バンドを愛するオトナ達がつながる事を目的にしたライブイベント!ノージャンルで出演者を常に募集しています!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ライブレポ】85-4 美夏奈vol.1

 こんばんは、おとバン蔵です!

おとバン初企画「女性ボーカルバンド限定 ひなまつりスペシャル」として開催したおとバン85!!

いつもと違い会場がとても良いにおいがしたとかしないとか・・・


今回のライブで活動を復活した【美夏奈】を、美夏奈専属レポーター(?)ウエノさんがレポートします!



****************************************************************

レッド・ツェッペリンといえば渋谷陽一、キヨシローといえば角田光代、長州力といえば週刊ゴングの金沢克彦。
そして、美夏奈さんといえばプラスティック・ウエノ・バンドのウエノです! 

今回も僭越ながらレポートを書かさせていただきます。まかせなさい!

おとバン82−28



今回のおとバンは、美夏奈さんにとってとても大事なライブ。
昨年7月におとバンで歌ってから、10月に第二子を無事出産され、今回が復活ライブなのです。

美夏奈追加_5





脇を固めるメンバーは、
Gt長谷川さん
おとバン85-23

Ba:うっちゃん
おとバン85-25


Dr:いぐっちゃん
おとバン85-22


Key:メグミさん
美夏奈追加_6


といったいつもの信頼できるメンバーです。今回は2曲を披露してくれました。

美夏奈追加_8




<1曲目:スキマスイッチ『キレイだ』>
のっけから、リズム隊が完璧! ビックリした! 

うっちゃんはこの前に出た他のバンドも手伝っていて大忙し。
美夏奈追加_4


井口さんはお子さんが日本有数の中学校に入学されることになり、大変メデタイ。
あの学校は変わり者が多い(笑)。

美夏奈追加_3


健やかにユニークな男気溢れる大人に成長されるのを祈っております。

俺の友達でもあの学校出身の人はみんなそういう人たちだ。末は博士か大臣か。それともイカした歌手になる!? 


おとバンに出演するバンドは、ハードロックやオールドロックンロールが最近目立っていて、意外にこのような透明感あふれる楽曲を演奏するバンドは珍しいです。

美夏奈さんの敬愛するミスチルを演奏するバンドもあまり観たことがないです。そんなこともあり大変興味深く拝聴しました。

美夏奈追加_1




歌っている姿を見て、美夏奈さんはホントに綺麗です。すらりとしてモデルさんみたい。

おとバン85-24


この日、別のバンドでアイドルを演じていたメグミさんもとってもカワイイです。ですが、美夏奈さんにもまた別の魅力があります。ちなみに、私は両方イケるタイプです(笑)。今後ともよろしくお願いします(何を!?)。

<二曲目:斉藤和義『歌うたいのバラッド』
この曲は映像があるのでご覧いただきたい!




一曲目とうって変わって、内省的なバラードです。この曲、男性でも歌ったり演奏したりするのが難しいと思います。しかし、美夏奈さんの感情を込めたボーカルを、メグミさんのハモンドとコーラスが確かな芯を以ってサポートし、女性しか出しえないグルーヴを創りあげています。

そして、一曲目からずっと的確なうっちゃんといぐっちゃんのリズム隊、そして、心を込めて丁寧に弾いている長谷川さんのギターも見逃せません。

美夏奈追加_7


長谷川さんも、別のバンドで演奏しているのと、また別の魅力があります。


正直、聴いていて、ジーンと来ました。

女性が身籠って、お子さんを生んで、まだ小さくて面倒を見るのが大変なのに、よく戻って来てくれたと思います。

美夏奈追加_12


それは、歌が好きで歌いたいことがあるからだということだと思います。
そして、一緒に演奏してくれる仲間が、ダンナさんの高校時代の友人であり、また、その友人の奥さんであり、とても信頼できる人々であるからだということだと思います。


美夏奈追加_1


下記のような歌詞は、美夏奈さん自身と、仲間と、ダンナさんの人生そのものを体現していると思います。
そして、それは私もそうであって、他のおとバンに出演しているみなさんも同じだとおもいます。

************************************************
・嗚呼 目を閉じれば 胸の中に映る 懐かしい思い出や あなたとの毎日
・本当のことは歌の中にある
・空に浮かんでる言葉をつかんで メロディを乗せた雲で旅に出かける
・今日だってあなたを思いながら 歌うたいは唄うよ どうやってあなたに伝えよう

************************************************

今回、美夏奈さんのダンナさんであり、バンドマネージャーであるコウスケさんは、インフルエンザの疑いがあり、残念ながら会場に来ることができませんでした。

代わりに、私がしっかりと拝見させていただきました。


女性としても、妻としても、母としても、歌手としても、ホントよくできた奥様ですね。やっぱり女性ってすごいよ。
か弱き男同士、傷を舐めあい、今度また『小杉会』で飲んだくれて、また美夏奈さんに怒られましょう(笑)。


*********************************

ということで、1回ではおさまりきらないので、2回に分けてレポートします!!
スポンサーサイト



| ライブレポート | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://otobanlive.blog21.fc2.com/tb.php/930-b5b3a56b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT